なつかしい漫画情報/漫画制作のとんぼスタジオ

「なつ漫」は時代の映し鏡
なつかしい漫画情報/漫画制作のとんぼスタジオ
 HOMEなつかしい漫画情報>貸本漫画が戦後に活力を与えてくれた
貸本漫画が戦後に活力を与えてくれた
 戦争が終わると、関西を起点として「赤本漫画」ブームが広がった。
 どうやら、表紙に赤色を使ったものが多かったので「赤本」と呼ばれたらしい。
 そして、30年代には「貸本漫画」がブームとなり、劇画が台頭してきた。
 40年代はそれまで月刊誌が主流だった少年誌が、週刊誌主流へと向かった。


 端的に言って、戦後漫画の起点は手塚治虫であり、ブームを日本中に広げた
 要因は貸本漫画の普及にあったということだ。
 そして、戦後漫画の主体は、常に子ども漫画だったのである。
貸本漫画の起点は大阪だった
漫画制作
自分史制作
イベント漫画制作
企業マンガの制作
4コマ漫画制作
単行本制作
商品紹介
ペットの似顔絵制作
北斎漫画について
日本漫画の歴史/広告マンガ制作のとんぼスタジオ
漫画制作講座
卓球漫画「きらめく星座」
楽しい歴史漫画/電子コミック
建築漫画/笑う門には福来たる
漫画家・高橋達央のオフィシャルサイト
マンガ制作事務所/とんぼスタジオ
マンガ単行本制作「電気回路」
 貸本屋が登場したのは昭和21年ごろだった。
 戦前にも貸本は扱われていたが、貸本だけの専門店は
 戦後になってからである。


 21年に手塚治虫の「新宝島」が発売され、当時で
 40万部売れたというから驚きである。
 それ以後、「赤本漫画」のブームが到来する。


 私が生まれた昭和27年に、永島慎二や辰巳ヨシヒロが
 デビューしている。
 当時、彼らはまだまだ15歳と17歳である。
 翌年にはつげ義春や佐藤まさあきやさいとうたかを、
 石川球太、楳図かずおがデビューし、その後、ちばてつや、
 白戸三平、水木しげる、川崎のぼる、水島新二らが
 デビューしている。
 そうそうたる面々である。


 こうして、貸本でデビューした漫画家たちが、
 戦後の漫画ブームを作り、日本の漫画を今日まで
 発展させてきた。
 今では、世界中から、「日本で誇れる文化は漫画である」
 とまで言われるようになった。


 貸本漫画が定着したのは、おそらく昭和30年ごろから
 だろう。


 そして、昭和31年4月には、大阪の日の丸文庫から、
 「影」という雑誌が創刊された。
 この雑誌に、「劇画」という、リアルっぽい漫画が
 根づくようになり、次第に読者を獲得していくのである。
 さいとうたかを、佐藤まさあき、辰巳ヨシヒロなどが
 中心となりやがて辰巳ヨシヒロが自分の作品を「劇画」と
 名づけ、引きいるグループを「劇画工房」と称した。


 同じころ、こうした劇画とは別に、従来の漫画手法を
 発展させた手塚スタイルも、貸本屋の重要な商品だった。
 たとえば、「赤胴鈴の助」や「イガグリ君」「鉄腕アトム」
 「鉄人28号」「「ビリー・パック」などは、
 漫画雑誌に連載され、単行本として古本屋でも売られて
 いた。
 いずれも懐かしい漫画である。


 ただ、こうした貸本屋のブームはそう長くはなかった。
 ピークは昭和31年ごろだったであろう。


 彼ら劇画グループは、大阪から東京へやって来るが、
 なかなか東京の出版社には受け入れられなかった。
 たしかに、パッと見は、「下品」で「ヘタクソ」である。
 おまけに、登場人物の顔がみんな似ていて、キャラが
 判別しずらかった。
 彼らは、国分寺のアパートに住み着いたようだ。


 一方、東京にも、大阪の劇画とは違、が、毛色の異なる画風で
 勝負している漫画家たちがいた。
 赤塚不二夫やちばてつや、滝田ゆうなどだ。
 ただ、いずれも貧しい生活を強いられていた。
 当時の年収が4万円程度だったという。
 「月収」ではなく「年収」なのである。


 そんな先人たちがいたおかげで、私たちの今日があるのだ。
 先人たちは皆神様のような存在である。
 それなのに、私などは神様のことを呼び捨てにし、
 あろうことか批評までしている。
 なんと罪深い奴でしょう。
 緒先輩方、どうかお許しください。


 34年には、「貸本悪書追放運動」が展開された。
 佐藤まさあきの「殺し屋は俺だなどは、青少年に対して
 麻薬への興味を抱かせる、という理由でなんと店頭から
 追放されてしまった。
 今読んでみても、そんなバカなと思う。


 もっとすごいことがあった。
 平田弘史の「血だるま剣法」などは、部落解放同盟から
 抗議を受け、焼却処分となった。
 残念ながら、私自身はこの「血だるま剣法」は読んで
 いないので詳細はわからない。
 ただ、事実はそうだったらしい。


 同年、「週刊少年マガジン」と「週刊少年サンデー」が
 創刊され、子ども漫画が月刊誌の時代から週刊誌の
 時代へと移行していく。
 漫画が大きく発展していく過渡期であった。
 やがて、貸本漫画で産声を上げた劇画が子ども漫画に
 登場するようになる。

 劇画は戦後漫画のカンフル剤のようなものだった。
 以後、従来の漫画と相乗的に発展進歩していくことになる。


 Top 
漫画制作、イラスト制作、似顔絵作成に関するご依頼やお問い合わせ
HOME漫画の効果4コマ漫画制作漫画社史制作広告漫画Site Map
広告マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright (C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。