とんぼ版建築施工用語
住宅・建築・不動産等に関する用語を検索
HOME便利なお役立ち情報50音別建築施工用語検索表>建築施工用語(あ行/あ)
建築施工用語(あ行/あ)
アースオーガー/
  既成コンクリート杭や土止め用の地中連続壁の施工などに使われる、地中を掘削する
  ための機械。
  オーガーヘッドを付けたスクリューを回転させながら、地面に穴をあける。

アースターミナル/
  漏電を防止するために、接地線を接続するための端子のこと。

アースドリル/
  掘削用のドリルキングバケットを回転させて、地面に穴をあける機械。

アースドリル杭/
  掘削用のドリリングバケットを回転させることで地面に穴をあける、
  アースオーガー機によってつくる場所打ちコンクリート杭のこと。

アースドリル工法/
  地盤表層に鋼製のケーシングパイプを建て、安定液を孔内に注入しながら
  ドリリングバケットで掘削する工法。
  アースドリル(掘削用のドリリングバケットを回転させることで地面に穴を
  あける掘削機)によって、1〜2メートル程度の大口径場所打ちコンクリート杭を
  造成するための掘削工法で、カルウェルド工法ともいう。

アイパー/
  ブレースなどに用いられる、棒鋼や鋼板の先端に取り付けた接合のための円形孔を
  有する部品。

相番/
  くみたてふごうのことです。一緒に当番することを相番という。

アイランド工法/
  山留め工法の一種で、基礎構造体と周囲の矢板との間に斜めに切梁を架け、残された
  部分の根切りを行って地下部分を築造し、同時に中央の上階工事を進めていく工法。

アウトリガーアウトレットボックス/
  車体の下部架台から外に張り出して安定度を増す装置をいう。

アウトレットボックス/
  電気器具取り付け用および電線接続用の鋼製の箱。

亜鉛鉄板/
  屋根葺き材などに使用される亜鉛でめっきした薄い鉄板。

障泥板(あおりいた)/
  金属板葺き屋根の棟の取合わせ部に打たれる厚板をいう。

煽り止め(あおりどめ)/
  風による屋根の吹き上がりを防止するための金物。

上がり框(あがりがまち)/
  玄関、勝手口などの床端部に設ける縁木のこと。
  玄関広間・台所靴脱ぎ場のように、床に段差のあるとき、床の端部の納まりと化粧の
  ために用いる角材。

明き(あき)/
  隣り合う鉄筋の隙間のこと。

アキスハンマー/
  釘抜き部分をつけたハンマー。

灰汁洗い(あくあらい)/
  床壁、建具などの木部の汚れをソーダ溶接で洗い落すか、砂を用いて水洗いすること。

アクリルエナメル塗り/
  メタクリル酸エステルを主体にしたワニスと顔料を塗り合わせる。

アクリル酸樹脂塗料/
  耐侯性に優れ、外装や上塗りに使用されるアクリル樹脂を塗膜形成要素とする塗料。

上げ落とし/
  両開き建具の片方を留め付けるための金具をいう。

上げ鎌(あげかま)/
  貫の端を方ありにしてくさびで打ち上げる仕口のこと。

上越し(あげこし)/
  荷重により後々下がってくると思われるものをいくぶん上げて取り付けるもの。

上げ彫り(あげぼり)/
  鴨居溝の一箇所で取り外せるように、その部分だけ深い溝掘りをする。

顎(あご)/
  下木中央を一部残して両稜角を切り欠き、上木を乗せる部分のこと。

歯振(あさり)/
  のこぎりの歯を振り曲げ、材とのこ身の摩擦を少なくするためのものです。

足場/
  工事を行う際に、作業員の作業床や通路となる仮設物のことです。

アスファルトコンパウンド/
  ブローンアスファルトに動植物油脂を混合し、耐熱性・耐久性・弾性・接着性を
  改良したもの。

アスファルトシングル/
  厚めのアスファルトフェルトにアスファルトを塗布し、着色砂を付着させた
  屋根葺き材。

アスファルトディトリビュータ/
  下層の表面にアスファルト乳剤などを散布する専用車。

アスファルト乳剤/
  乳剤化でストレートアスファルトを水中に分散させた茶褐色の液体。
  塗膜防水、簡易塗装などに使用される。

アスファルトフェルト/
  有機性繊維を原料としたフェルトに、ストレートアスファルトを浸透させたもの。

アスファルトブライマー/
  アスファルトの防水工事の際に、下地に用いる液体のことで、アスファルトを
  揮発性溶剤で溶融したもの。

アスファルト防水/
  アスファルトの防水工法で、アスファルトルーフィング類を溶融したアスファルトで
  数層張り付ける。

アスファルトモルタル塗り/
  乾燥した砂・石粉などを入れて練り、乾燥したコンクリート面に焼ごてで塗り付ける。

アスファルトルーフィング/
  フェルト状のシートにアスファルトを浸透させ、鉱物質粉末を散布したもの。

アスファルトルーフコーティング/
  防水層の端部や接続部に使用するゴムアスファルトなどのシール材。

東屋(あずまや)/
  寄せ棟あるいは入り母屋造りのことで、屋根を柱だけで支えている建物。

畦(あぜ)/
  敷居や鴨居などの溝と溝を仕切った部分をいう。

校倉造り(あぜくらづくり)/
  横木を井桁に積上げて壁とする高床の倉庫に用いられた造りのこと。

畔挽鋸(あぜびきのこ)/
  歯渡りを短くしてむくりをつけた縦びきのこ。

阿迫羽目(あぜりばめ)/
  両側の柱に溝を刻んで板を挟み落とす仕上げ法。

仇折り(あだおり)/
  金属薄板などの端を180度折り返すこと。

頭繋ぎ(あたまつなぎ)/
  柱の上端を固定するために設置する水平材。

圧延鋼材/
  鋼を回転するロールで圧延し、所定の断面に成形したもの。

圧砕機(あっさいき)/
  アームに部材などを挟み込み、油圧により破砕する解体装置。

圧砕・剪断工法(あっさい・せんだんこうほう)/
  剛強な押圧部で部材を挟みつけ油圧で加力して砕く解体工法。

圧縮鉄筋/
  RC造の圧縮力を負担させるように配置する鉄筋。

圧送コンクリート/
  コンクリートポンプによる圧力で、管を通して打設するコンクリートのこと。

圧着張り/
  タイル張り工法の一種で、張付け用モルタルを下地に塗りつけ、その上にタイルを
  張る工法。

圧入工法/
  水圧・油圧により杭やシートパイルを地中に押し込む工法。

圧鑿(あつのみ)/
  木材の穴あけ加工に用いるたたきのみの一種。

圧力タンク給水/
  空気の圧力を利用して給水する鋼板精密閉型の給水タンク。

圧密沈下/
  間隙水の排出により、土が圧縮されて沈下する現象をいう。

當(あて)/
  樹木の年輪の一部が極度に硬くなるもの。

当てとろ/
  外部からの衝撃により破損しないように、団子状のモルタルを挟むこと。

当て盤/
  リベットハンマーの反対側のリベット頭を支える工具。

後積み工法/
  RC造の躯体コンクリート打込み後に帳壁ブロックを積む工法。

後踏み/
  外部足場の2列の建地の外部のものをいう。

孔刳り(あなぐり)/
  リベットやボルト穴をリーマーで整孔すること。

アモネスタット/
  空調用送風設備で、下向きに吹き出す空気拡散機。

あばた/
  コンクリート中に豆板状に空隙のできた不良部分をいう。

肋筋(あばらきん)/
  スターラップのことで、鉄筋コンクリート梁の主筋を巻いた鉄筋。

肋筋比/
  肋筋断面積を間隔と梁の幅の積で割った値のこと。

アプセット/
  ガス圧接のガス炎で過熱後、機械的に押し付けること。

アプセットバット溶接/
  抵抗熱で加熱して適温で強圧して接合する鉄筋丸棒の継手。

鐙金物(あぶみかなもの)/
  横架材が十字型、T字型に取り合う仕口。

油研ぎ(あぶらとぎ)/
  粒子の細かい耐水研磨紙で研いで除くこと。

アブレーシブウォータージェット工法/
  研磨剤を含んだ高圧水でコンクリートや岩盤などを切断する工法。

雨押さえ/
  雨水の浸水を防ぐため、外壁面と開口部の枠との取合せ部に設置する。

あま掛け/
  セメント、プラスターなどを水で練ったペースト状のものを、下地などにこてで
  薄く塗りつけること。

亜麻仁油(あまにゆ)/
  亜麻の種子から採取する乾性油。

網入り磨き板ガラス/
  ガラス飛散防止のため、金網を封入して表面を研磨し平滑面とした板ガラス。

歩み/
  同じものが並ぶ場合の間隔のことで、材の中心間距離やねじの谷と谷、山と山の間を
  いう。

歩み板/
  足場に歩行用としてかける道板。

荒壁/
  小舞壁塗りの際、下地に塗る壁のこと。

荒壁塗り/
  和風こまい壁の下塗壁のこと。荒壁土を水で練り、わらすさを混ぜたものを
  小舞下地にすり込み、貫材と同一面に塗りつける。

荒仕工鉋(あらしこがんな)/
  おが目を削り取るかんなのこと。

粗砂(あらずな)/
  庭園の敷砂として広く用いられている粒径の大きい砂のこと。

改め口/
  屋根裏の電気配線などを修理・点検するために設けられる、天井裏への上がり口。

粗砥(あらと)/
  一定の刃先にそろえるために使用する砥石のこと。

荒床(あらとこ・あらゆか)/
  削り加工せずに張り上げた床のことで、床仕上げ材の下地板張りのこと。
  または畳式の下板張りをいう。

蟻孔(ありあな)/
  蟻ほぞを入れるほぞ穴のこと。

蟻落とし/
  柱面に土台がぶつかる場合の仕口。

蟻掛け(ありがけ)/
  蟻ほぞ、蟻孔を組み合わせる継手・仕口の一つ。

蟻鉋(ありがんな)/
  蟻溝や入隅などを削る鉋。

蟻首/
蟻形のほぞのこと。

蟻差し/
  蟻形のほぞを差し組したもの。

蟻桟(ありざん)/
  板間の分離や板の反り防止に使用されるアリ型の吸付き桟のこと。

アリダード/
  視準孔から視準糸を見通して目標物の方向や傾斜を測定する器具。

蟻継ぎ/
  材と材をあり首で継ぐ方法です。蟻形にして継ぎ足す継ぎ手のこと。

蟻吊り/
  吊束で鴨居を吊る場合に使用される仕口。

蟻留め/
  飾り床で床かまちの出隅部などに使われる仕口。

蟻ほぞ/
  蟻継ぎに用いる逆台形状のほぞのことで、端部を蟻形につくる。

蟻溝/
  普通は、厚板の変形防止のための吸い付き桟やはしばみに取り付けるためにつくる
  鳩の尾形の溝。

アロー型ネットワーク工程表/
  矢印と○印で組み当てる図をネットワーク工程表といい、合理的な計画ができる。

アンカー/
  部材を固定すること。
  コンクリートに埋め込み、部材や製品を支えるボルトなどの役割の意味。

アンカープレート/
  アンカーボルトの引抜き抵抗を大きくするために用いる鋼板。

アンカーボルト/
  コンクリート基礎、土台、ベースプレートを結合するためのボルト。

アングル/
  鋼材の山形鋼のこと。

アングルカッター/
  山形鋼を切断するカッター。

アングルドーザー/
  ブルドーザーの一種で、トラクターの進行方向に対して、土工板の角度を変えて
  作業するもので、土工事機械の一つ。

あんこ/
  仕上げ表面に、その下の塗装が現れていることをいう。

安山岩/
  火成岩の一種。硬質、耐摩しょう性がある鉄平石などの火成岩で、床や壁に使用する。

安息角(あんそくかく)/
  砂や礎などの粘着力がない土を締め固めせずに盛り上げた場合、その安定を保つ事が
  できる最大の傾斜角をいう。

アンダーカット/
  溶接部分に沿って母材が溶けて溝となった欠陥部分のこと。

アンダーピニング/
  既存構造物における基礎の補強、または補強のための新規基礎の設置のこと。

アンツーカー/
水はけをよくするために高温で熱加工した人工土のこと。

安定液/
  掘削壁面の崩壊防止のために用いるベントナイトなどを混合した泥水。
マンガ制作用語

漫画の制作はプロの漫画家集団のとんぼスタジオへ!

社史マンガの制作 郷土史マンガの制作 自分史漫画の制作 イベント漫画制作
HOME漫画の効果4コマ漫画制作マンガ社史制作広告マンガSite Map
マンガ制作のとんぼスタジオ

All Copyright(C)Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。