とんぼ版建築施工用語
住宅・建築・不動産等に関する用語を検索
HOME便利なお役立ち情報50音別建築施工用語検索表>建築施工用語(あ行/い)
建築施工用語(あ行/い)
筏印(いかだじるし)/
  中心を表す記号。

筏張り(いかだばり)/
  床板などを張るときに、継ぐ位置をずらして張るほうほうをいう。

イギリス積み/
  レンガの積み方の一種で、段ごとに小口、長手面が交互に現れる積み方。

異形鉄筋(いけいてっきん)/
  コンクリートの付着をよくするために、丸鋼の表面に突起をつけた棒状の鉄筋。

異形ブロック/
  基本ブロックに対して、横筋用や隅用などの用途に合せたブロック。

生け垣(いけがき)/
  マキ、サンゴジュなどの樹木を植え並べた垣根をいう。

井桁積み(いげたづみ)/
  横木を「井」の形に組んで積み上げる方法。

イコス工法/
  円形または長方形のコンクリート壁を土中に形成する工法。

石垣/
  間知石積み、切石積みなど石積みによる擁壁の総称。

石垣取り/
  石垣の石を積み上げる作業をいう。

石尻/
  表の面とは反対側に当たる裏面端部をいう。

石積み/
  石材を組み積みして石壁、石垣を作ること。

石引き鉄筋/
  引金物を固定するために、張石の目地に合せて下地壁面に取り付ける鉄筋。

石割り/
  設計図に合わせ、納まりをよく割り合わせて石の大きさを定めること。

いすか切り/
  杭に外力が加えられて上下したとき、先端の損傷で外力の有無が判断できる。

いすか継ぎ/
  互いにいすか切りした端部を組み合わせる継ぎ方。

板当て/
  化粧材面に欠陥を生じさせないように薄板を当てて保護する。

板囲い/
  工事現場の周囲にめぐらした板塀の仮囲いで、危険防止や盗難防止などのために
  設置する。

板違い/
  市松模様に張る床板張りなどの方法。

板戸/
  戸の周囲を框、中に桟を組み込んで力骨とし、これに板を張った戸のこと。

板床(いたどこ)/
  床の間の床仕上げが板になっている。

板軒(いたのき)/
  軒天井を板で仕上げた状態。


板矧ぎ(いたはぎ)/
  板材を幅の方向に接合する方法。

板張り/
  外部・内部の壁や床などに板を張る工事の総称。または板を張ったもの。

板張り天井/
  板材で構成された天井のこと。

板目/
  木材の年輪に対してほぼ接線をなしている板面の木目。

板目取り/
  板目になるように木取りをすること。

板類/
  JASによる分類で、板・小幅板・斜面板・厚板の区分がある。

一次締め/
  高力ボルトは2回の締付けが原則ですが、1回目の締付けのことを一次締めという。

一枚鉋(いちまいがんな)/
  裏座のない鉋。

一枚積み/
  小口面を見せ、壁厚が長手の幅になるれんがの積み方。

市松張り/
  正方形の板材を、縦向きと横向きを交互に張って仕上げる方法。

一文字瓦(いちもんじがわら)/
  軒先瓦の一つで、見付け下端部が一直線になる桟瓦。

一文字葺き(いちもんじぶき)/
  屋根面水平方向の重ね線が、一直線になる屋根の葺き方をいう。

一類合板/
  外装用合板として使用され、長時間の外気および湿潤状態に耐えられる。

一体式構造/
  建物の躯体が一体となるようにする構造のこと。

井筒工法(いづつこうほう)/
  RC造の中空円筒内部の土砂を掘削し、順次継ぎ足し、所定の位置まで沈設して
  基礎とする工法。

糸裏/
  鉋(かんな)の裏刃の先端。

糸尺/
  凹凸の面や局面に沿って図る長さのことで、左官工事や塗装工事などの施工面積を
  求めるときに用いられる。

糸鋸(いとのこ)/
  板材などの曲線を引くのに用いる鋸。

糸鋸盤(いとのこばん)/
  糸鋸歯を取り付けた木工機械。

糸柾(いとまさ)/
  柾目材の木目が、糸を並べたように直線状で狭く繊細な状態をいう。

糸面/
  柱や造作材などの角を糸幅のような細い面取りすること。

稲子(いなご)/
  すきまができないように裏側から押える小さなくさびのようなもの。

稲妻金物/
  床の間の軸掛釘として、天井回り縁の下端や無双四分位置に取り付ける金物。

芋継ぎ(いもつぎ)/
  胴付き面を突き付けて継ぐ方法。

芋付け(いもつけ)/
  鴨居、敷居などの材をほぞなしで釘留めした状態。

芋矧ぎ(いもはぎ)/
  板張りの板側面を加工せず突き付けて接合する。

芋目地(いもめじ)/
  ブロック、レンガなどのたて目地が2枚以上通っている目地のことで、一段ごと目地が
  通っていないものを「破れ目地」という。

入縁側(いりえんがわ)/
  和室側の薄縁や畳敷きとした部分と、縁甲板を張った部分とをあわせもつ広めの縁側。

入皮(いりがわ)/
  木材が損傷を受けることにより樹皮が辺材部にくい込んだ状態。

入側(いりがわ)/
  建物の南に面した縁側のこと。

入込み(いりこみ)/
  床の間の脇に敷き入れた畳の部分をいう。

入隅(いりすみ)/
  2つの材が出合ってできる内側の隅をいう。

入母屋造り(いりもやづくり)/
  上方が切妻、下方が奇棟の形をした入母屋屋根を持つ建物のこと。

入母屋屋根(いりもややね)/
  妻側のひさし屋根と上部切妻屋根を合体した形状の屋根。
  ひとつの屋根面上部を切妻風に、下部の四周に屋根面を付けて一体にする。

入れ子縁(いれこぶち)/
  桟唐戸の鏡板をかまちに取り付けるための縁材。

色境/
  違う色または異種の塗料を仕切って塗り分ける場合の境目のこと。

色砂/
  風化した岩石の砂を精製したり、自然石を粉砕した化粧壁用の砂。

インシュレーションボード/
  主として、草木の繊維をすき出して乾燥し、固めたもので、断熱材や吸音材として
  使用される繊維板のこと。

インターロッキングブロック/
  広場や歩道などに使用されるコンクリート製の塗装用ブロック。

印籠決まり/
  材の合わせ目が透かないようにしゃくる方法。

印籠継ぎ手/
  2本の建地丸太を30センチメートルくらい離して建て、それぞれ末口と元口とを
  合せて継ぎ足し、布丸太で2本の建地を緊結する。
マンガ制作用語

漫画の制作はプロの漫画家集団のとんぼスタジオへ!

社史マンガの制作 郷土史マンガの制作 自分史漫画の制作 イベント漫画制作
HOME漫画の効果4コマ漫画制作マンガ社史制作広告マンガSite Map
マンガ制作のとんぼスタジオ

All Copyright(C)Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。