とんぼ版建築施工用語
住宅・建築・不動産等に関する用語を検索
HOME便利なお役立ち情報50音別建築施工用語検索表>建築施工用語(か行/か)
建築施工用語(か行/か)
カーボランダム/
  石材などの磨き出しに用いる研磨剤。

開渠(かいきょ)/
  道路脇のU字溝などをいう。

飼い楔(かいくさび)/
  部材の固定のため、隙間を埋める楔(くさび)。

掻込み(かいこみ)/
  定木でつくった型枠を固定してモルタルを塗りこむこと。

開先(かいさき)/
  溶接を行う鋼材の小口の突き合わせ部分に設ける溝のことで、。グループともいう。

開札/
  所定の時間に入札を締め切り、入札参加者の前で開封して結果を発表すること。

碍子引き工事(がいしびきこうじ)/
  碍子を使用して電線を支持する工事。

会社枡(かいしょます)/
  排水管の合流点などに設けるコンクリート製の枡。

ガイデリック/
  ブームの先端に吊り下げた吊り荷用のブロックで重量物を吊り上げる装置をいう。
  マストが旋回するので、360度の範囲で作業ができる。
  しかし、ガイを越すときはブームを立てなければならない。

回転根固め工法/
  支持地盤面到達後セメントミルクを注入して根固めする工法。

貝灰/
  しっくいの原料となる貝殻を焼いた灰をいう。

外壁/
  建物の外回りに付ける壁面。

飼物(かいもの)/
  柱と建具枠の隙間などに挟み込む小片状の部材。

回廊/
  主要な建物を囲んで聖域を構成する廊のこと。

ガイロープ/
  吊り下げる荷物のねじれ、ゆれ、方向を安定させる控え綱。

ガウケーソン工法/
  粘着性地盤を通して深礎をつくる際に、円筒ケースを打込みながら内部の土を排除し、
  深くなると内側に円筒ケースを入れて掘る深礎工法。

カウンターウエート/
  エレベーター、起重機など荷吊りのバランスを保つためにつけられるおもりのこと。

返し楔(かえしくさび)/
  両側から打つ楔(くさび)。

返り管(かえりかん)/
  温水や蒸気などをボイラーへ返る配管。

返り心/
  通り心から一定の間隔をとってしるす逃げ墨のこと。

蟇股(かえるまた)/
  横架材の中央部で上の材を支持する化粧材のこと。

抱え仕込み/
  えり輪をつくってほぞを打ち出し、鼻栓留めとする仕口。

鏡天井/
  格縁・さお縁などを用いず、平滑な板を張り上げた天井のこと。

欠き込み/
  他材の幅だけ切り欠いて納める仕口方法。

柿しぶ/
  しぶ柿の実を砕いて水を加え、絞ったもの。

掻き付け/
  小舞下地をつくるとき、間渡し竹と小舞竹を小舞縄で巻きつけて取り付けること。

角形鋼管/
  断面が角形の一般構造用角形鋼材。

角材/
  断面が正方形、長方形の木材。

拡底杭(かくていぐい)/
  場所打ちコンクリート杭で、支持力や経済性を考慮し杭先端部だけを拡大するもの。

額止め/
  額縁枠の断面のような台形のまま留める仕口。

角鑿盤(かくのみばん)/
  木材に角穴を彫るときに使う機械。

額縁/
  出入り口や窓などの開口部回りに取り付けられる縁木のこと。

掛け/
  垂木や根太などを壁際で支える受け材のこと。

掛け矢/
  木杭の打込みや建入れなどに用いる堅木でつくられた大きな木づち。

花崗岩/
  外壁、床、階段に使用される御影石と呼ばれる硬質、耐久性のある石材。

加構式構造/
  トラス構造、ラーメン構造を主要構造とするもの。

笠板/
  戸袋などの上部に取り付ける天板のこと。

笠木/
  板塀や階段の手すりの最上部に取り付ける材のこと。

重ね框(かさねがまち)/
  上げ下げ窓、引違い戸などの召し合わせ部分の重なり合う框(かまち)。

重ね継ぎ/
  釘、ボルト、溶接などで二材を重ね合わせて接合するもの。

重ね抵抗溶接/
  通電して発生する熱で加熱、加圧して接合する溶接方法。

重ねほぞ/
  大小二つのほぞが重なった形で、折置組の桁と梁を貫く柱の先端などに使われる。

飾り縁(かざりぶち)/
  窓回りの納まりに使われる部材の一つ。

かじや/
  大工道具のバールやてことして、釘抜きや重い物を移動させるときに用いる。
  金てこのこと。

カシュー樹脂塗料/
  シューナッツの殻から生成し、光沢を持ち工程が簡単なため、漆の代用として床がまち、
  襖縁など広く利用される。

荷重点スチフナー/
  小梁からの荷重が直接作用する大梁のウェブ部分に取り付けるスチフナーのこと。

頭貫(かしらぬき)/
  柱頭に設置できる横架材で、貫通せず欠込み部におとして頭つなぎとするもの。


鎹(かすがい)/
  鋼製品で、建材や部材を結合するために打ち込むコの字形の大釘。

ガス切断/
  酸化炎を吹き付けて、鋼材を溶融させて切断する方法。

火成岩/
  壁や敷石に用いる安山岩の鉄平石、内外装や床に用いる御影石などがあるマグマが
  地殻内外で固結した岩石のこと。

風受けトラス/
  二階以上の床面や小屋梁面の外周部に組み込むトラスで、壁面に作用する風力を受けて
  ブレースに伝えるもの。

風受け梁(かぜうけばり)/
  建物の広い壁面の受ける風力を、これと直角の方向の軸組などに伝えるために、壁面と
  垂直な水平面内に設けた梁。

風切り丸瓦(かぜきりまるがわら)/
  けらば瓦を押さえ、補強するために取り付けられる丸瓦のこと。

ガセットプレート/
  部材相互の接合に用いる鋼板。

仮設建築物/
  工事の必要に応じて、臨時に建てられる建築物。

仮設工事/
  建築工事に必要な一時的な施設や設備の工事のこと。

仮設梁型枠工法(かせつばりかたわくこうほう)/
  支保工をなくして下部の作業場所を確保し、スラブ型枠を支える工法。

仮設養生材(かせつようじょうざい)/
  解体する建築物の回りに張り巡らし、作業中に発生する騒音や災害を防ぐための
  防音パネルやシートなどをいう。

風除け室/
  外壁から半間ほど空けて柱を建て板梁を巡らせたもの。

風邪を引く/
  セメントなどが風化して硬化しなくなることをいう。

河川占用許可/
  工事前に河川占用許可を河川管理者に提供し許可を得る。

片足場/
  布材・建地を一面に組んだ一本足場のこと。

片蟻(かたあり)/
  逆台形のあり首を、縦半分の片側だけにした仕口・継手。

型板/
  木工事・鉄骨工事・石工事・左官工事などで、所要の形の物をつくるとき、実形や
  原寸図などからとった板のこと。
  また、ガセットプレートなどの形をとる合成樹脂製フィルム。

型板ガラス/
  板ガラスの片面あるいは両面に模様を付け、装飾を兼ねながら視線を遮るようにした
  板ガラス。

片押し/
  工事を片一方から始める事をいう。

片押し打ち/
  片側から順次打込みを移動していくコンクリート打込みのこと。

堅木(かたぎ)/
  固くて強度が大きく、木肌が美しく、仕上げ材、建具材、栓や楔に用いられる広葉樹。

傾ぎ大入れ(かたぎおおいれ)/
  通し柱に胴差しの端部を取り付ける場合などに使用される仕口。

傾ぎほぞ/
  傾ぎ大入れに使われるほぞ。

片捌き(かたさばき)/
  床柱を直角に巻いて留める長押端部の収め方をいう。

片流れ屋根/
  平面の屋根で、一方に傾斜させているもの。

硬練りコンクリート/
  コンクリート打込みに、振動打ちや加圧を必要とする堅さのもの。

片刃(かたば)/
  石材の表面を削って平らにする工具。

型枠/
  コンクリートを打ち込むための仮設の枠組み。

型枠工事/
  型枠の設計・加工・組み立てなどに関する工事をいう。

金輪継ぎ(かなわつぎ)/
  上下材は同じ形に加工され、側面より栓を打って締め付ける継手をいう。

蟹面(かにめん)/
  のし瓦と平瓦の取り合い部分にできる隙間に使用する面戸瓦。

矩(かね)/
  木造建築の規矩(きく)からきており、直角の意味。

矩折り金物(かねおりかなもの)/
  通し柱に梁と胴差しがL字形に取り合う部分などの仕口を補強する金物。

矩折り目違い(かねおりめちがい)/
  L字形をした目違いほぞのことで、継手仕口のこと。

矩勾配(かねこうばい)/
  水平線に対して45度の勾配のこと。

曲尺(かねがく)/
  長手と短手からなるL時形の物指し。

加熱方式/
  燃料で直接加熱する直接式と、蒸気加熱のような関節式を持つボイラーや湯沸器の
  加熱方式をいう。

矩の手(かねのて)/
  直角に曲がっていること。

矩を撒く(かねをまく)/
  角材の二面にかね尺を使って直角線を引くこと。

鹿の子摺り(かのこずり)/
  門所にしっくいを薄く塗って平滑にする、しっくい塗りなどの、むら直しのこと。

カバープレート/
  鋼構造部材でフランジの外側に添える帯状の鋼板のこと。

冠木門(かぶきもん)/
  左右の親柱の上部に冠木と呼ぶ貫を通し、内開きの扉をつけた門のこと。

兜蟻(かぶとあり)/
  小屋梁の下部にありほじをくり、軒先に組み合わせる仕口。

兜造り(かぶとづくり)/
  半切妻の部分を採光、通風のための開口部とし、障子を入れるもの。

鏑束(かぶらつか)/
  洋小屋寄棟屋根の短部の真束のこと。

被り(かぶり)/
  塗料の乾燥過程で空気中の水蒸気が塗面に凝縮吸着されて白くなる現象をいう。

被り厚さ(かぶりあつさ)/
  鉄筋コンクリート部材の、補強鉄筋最外端から覆うコンクリート表面までの寸法。

框(かまち)/
  床に段差がある場合、上部の床仏に取り付ける横材のこと。

框組み(かまちぐみ)/
  建具の横框および、横木、鏡板、上框、下框などの組み方をいう。

框床(かまちどこ)/
  框の付いた床の間で、床板が畳面より一段高くなる床の間形式のこと。

鎌継ぎ(かまつぎ)/
  土台・桁などの継手に使用され、鎌首上のほぞを組み合わせる継手。

釜場(かまば)/
  根切り底の地下水を集めるための窪みをいう。

紙張り(かみばり)/
  美濃紙などをしょうふのりで目張りなどに下張りし、その上に壁紙を模様合わせして
  上張りする壁紙の張り方。

かめの尾/
  折り上げ格天井の折り上げ部分の格縁で、平格天井の格縁とつながるものの名称。

鴨居(かもい)/
  和室の開口部の上部に取り付けた、建具の開閉のための横木。

茅負い(かやおい)/
  飛えん垂木の最端上部に乗る横木のこと。

がら/
  コンクリートやレンガなどの壊しくずのこと。

カラー圧着/
  鋼製カラーを鉄筋の継手部分にはめ込み、油圧ジャッキで締め付け、鉄筋と
  一体化させる接合法。

唐草瓦(からくさがわら)/
  平唐草、隅唐草などの軒先に葺く瓦。

絡操鋲打ち(からくりびょううち)/
  金属薄板の端をびょうをかしめて留め継ぎすること。

空締めボルト/
  戸の竪框の突出ボルトがスプリングで常に受座に入る戸締り金具で、握り玉をまわして
  開くもの。

ガラス切り/
  ダイヤモンドなどの硬石をつけた板ガラス切断用のカッター。

ガラス繊維/
  断熱材、吸音材、光ファイバーなどに使用されるガラスを急速に引き伸ばして作る
  人造繊維をいう。

ガラス葺き(がらすぶき)/
  板ガラス葺き、ガラス瓦葺きなどガラスを使って屋根を葺く。

ガラスブロック/
  透光性があり、壁や床に使用されるガラス製の中空ブロックのこと。

ガラス用防錆塗料/
  網入り板ガラスの切断面に塗布して防錆処理を行う。

空積み(からづみ)/
  石・レンガなどをモルタルを敷かずに積み上げること。

唐戸(からど)/
  桟唐戸、板唐戸など太めの框、桟木を使う板戸をいう。

空研ぎ(からとぎ)/
  研ぐときに、油や水などを使わずに研ぐこと。

唐戸面(からどめん)/
  建具の額縁や框に使用する丸面取りをいう。

唐破風(からはふ)/
  屋根の破風で中央がむくり、両端は下がって反る曲線状のもの。

唐堀(からぼり)/
  換気、採光のために外部に面する地下室部分を掘り下げて空けるもの。

がらり戸/
  框(かまち)の内部に羽根を取り付けた戸です。よろい戸ともいう。

仮囲い/
  工事期間中に、工事現場の周辺に設置する囲いをいう。

仮子(かりこ)/
  墨つぼの糸を固定する針。

仮敷き(かりじき)/
  シート類を床張りする張付け前の数日間、下地床面に敷き並べ伸縮が止まるまで
  放置してなじませること。

仮締め/
  組立に際し、本格的に接合する前に仮に結合すること。

仮筋違い(かりすじかい)/
  建築物の傾斜を防ぎ、垂直を保持させるために仮設する筋違い。

仮付け溶接/
  溶接時に部材を固定する軽微な溶接をいう。

臥梁(がりょう)/
  組積造で組積の丁部を固める鉄筋コンクリートの梁のこと。

側足固め(がわあしがため)/
  柱の内側を欠き込んで取り付ける足固めをいう。

側足場(がわあしば)/
  建物の側面に組み立てる足場のこと。

側桁(がわげた)/
  階段を両側から支える桁材のこと。

側土台(がわどだい)/
  建物の外周部に沿って取り付ける土台をいう。

側柱(がわばしら)/
  建物外周部にある柱のこと。

瓦(かわら)/
  屋根葺き材料の一種。

瓦座(かわらざ)/
  瓦葺き屋根の軒先で、広こまいの上部に水平に打ち付ける桟木。

瓦葺き(かわらぶき)/
  屋根を瓦で葺くこと。また、瓦で葺いた屋根。

雁首(がんくび)/
  直角に折れ曲がって一方につばが付いた陶管や土管で、竪桶の落し口などに使用する。

管工事(かんこうじ)/
  空気調和設備などの配管、ダクトの設置などの工事のこと。

乾式組み立て工法/
  張石工事にモルタルを使用せず、取付け金物、だぼで固定する工法。

含水率/
  水を含んでいない木材の重さに対して、含んでいる水の重さを百分率で表す。

乾性油/
  空気中で酸素と反応して固化乾燥して透明や半透明な膜を作る植物油をいう。

換地/
  従前の宅地に変わるべきものとして交付される宅地をいう。

寒中コンクリート/
  打込み後の凍結防止を目的とするコンクリートのこと。

監督官庁/
  建設に関しては国土交通省など直接許認可、確認、指導などを行う官庁のこと。

ガントチャート/
  作業の日程計画や管理に使用されるグラフのこと。

管トリップ/
  管を曲げて水封部をつくったトラップのこと。

鉋(かんな)/
  大工道具の一つで、木材の表面を削って平面にする工具。

鉋台(かんなだい)/
  奈良やカシなど堅い木材からなるカンナ刃を取り付ける台木。

鉋盤(かんなばん)/
  回転軸に鉋刃を取り付けて、これを高速度で回転して木材を削る機械。

鉋身(かんなみ)/
  鉋(かんな)の刃。

閂(かんぬき)/
  門扉や規模の大きい開き戸などを締め固める横木。

ガン吹き/
  吹付材などをスプレーガンで吹き付けて仕上げること。

雁振り瓦(がんぶりがわら)/
  屋根の棟や降り棟の上端にかぶせる瓦のこと。

岩綿(がんめん)/
  断熱材、吸音材などに使用される玄武岩などを溶融して繊維化したもの。

ガン屋/
  ガンを使用する吹付作業を専門とする業者をいう。
マンガ制作用語

漫画の制作はプロの漫画家集団のとんぼスタジオへ!

社史マンガの制作 郷土史マンガの制作 自分史漫画の制作 イベント漫画制作
HOME漫画の効果4コマ漫画制作マンガ社史制作広告マンガSite Map
マンガ制作のとんぼスタジオ

All Copyright(C)Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。