とんぼ版建築用語
住宅・建築・不動産等に関する用語を検索
HOME便利なお役立ち情報50音別建築用語検索表>建築用語(か行/き)
建築用語(か行/き)
機械式継ぎ手/
  鉄筋の継ぎ手方法のことで、重ね継ぎ手、ガス圧継ぎ手、溶接継ぎ手以外の
  継ぎ手の総称。

機械式クレーン/
  ブームがラチス構造になっていて、荷の揚げ下げをウインチによる
  ワイヤーロープの巻き取り、巻き戻しで行うクレーン。

機械排煙/
  火災によって発生した煙等を機械により強制的に屋外へ排出する。

木杭(きくい)/
  木製の杭。

危険物/
  発火性または引火性のある物品。

気硬性/
  空気中の炭酸ガスを吸収して硬化する性質。

基準階/
  多層建物で、最も多く反復する同じ平面形状の階のこと。

基準線/
  寸法を測ったり、壁や柱の位置を確定するために基準となる。

基準時/
  現行の建築法令に適合しなくなった日。

基準の強さ/
  構造物が安全であるために定める応力度。

木摺下地(きずりしたじ)/
  間柱や柱に7mm程度の隙間をあけて釘打ちした、左官工事の塗下地。

既製鉄筋コンクリート杭/
  遠心成形法により工場生産される鉄筋コンクリートの杭。

基礎/
  建築物の自重と外力を受け、安全に地盤に伝えるもので、基礎スラブと地業
  からなる。

規則/
  大臣が定める省令。

既存不的確建築物/
  建築基準法令の規定が適用される前からすでに建っている建築物。

北側高さ制限/
  北側隣接地での日照を確保するために、真北方向からの距離に応じて建築物の
  高さを制限すること。

輝度/
  人間が感じる物の輝きの度合いを表わし、単位面積当たりの光度を指す。

技能士/
  労働者の有する技能を検定し、この合格者に対して与えられる称号のこと。

機能主義/
  物の形態は、その目的や機械によって決定されるべきという考え方。

基本設計/
  設計概念に基づいて、その目的や与条件に合わせた基本的な内容の検討を進め、
  図面上に描き表わす最初の計画のこと。

キャットウォーク/
  天井や屋根裏など高所に設ける点検用の幅の細い通路。

CAD(きゃど)/
  コンピューターを使用して設計を行うこと。

キャノピー/
  建物外部に面する出入り口や開口部を覆うテント。

吸音率/
  壁などで、音がその材料に吸収される割合。

急傾斜地/
  傾斜度が30度以上ある土地。

急傾斜地崩壊危険区域/
  一定の要件に該当する傾斜地の中から、都道府県知事が関係市町村長から意見を
  聞いて指定した区域。

給水装置/
  給水管とこれを直結する給水用具(止水栓、水道メーター、給水栓など)のこと。

給水方式/
  給水方式には、水道直結方式、高置水槽方式、圧力水槽方式、
  タンクレスブースタ方式などがある。

Q値/
  総熱損失係数と呼ばれ建物全体の断熱性を表わす。

給排水衛生設備記号/
  建築設備図に用いる記号で、給排水系統図を表わす際に器具配管を表わす記号。

給排水設備/
  給水、給湯、排水、便所の汚水処理などの設備。

キューピクル/
  電気設備のことで、受電のための機器類および監視制御装置などを内蔵した
  配電盤を、金属製のボックスにひとまとめに収納した受電設備のこと。

給湯設備/
  湯沸器、温水ボイラなどを使って飲用、浴用などの目的で温水を供給する設備。

強化ガラス/
  ガラスを過熱した後、両表面に空気を吹き付けて急冷し強い圧縮応力を
  生じさせたガラス。

強軸/
  構造部材の断面で、断面二次モーメントが最大値となる主軸。

強制圧密工法/
  粘性土地盤に盛土をして荷重をかけ、強制的に圧密を起こさせる工法。

競争入札/
  建築主が工事を行う施工者を決める際に、複数の施工業者の中から入札により
  選び出す方式。

共同住宅/
  1棟に2戸以上の住戸があり、廊下や階段などを共同で使用する集合住宅。

共通仮設工事/
  仮設照明や水道、敷地を囲う仮囲いや仮設事務所のように、個々の工事に
  関係する仮設工事。

極線/
  力の合成で、平行な力の合成にあたり、合力の作用する位置を求めるための
  作図に使う直線。

局所換気/
  便所や浴室などの換気のこと。

極点/
  平行なちからの合力を求める際に、合力の位置を知るために任意のいちに置く点。

局部座屈/
  圧縮材が局部的に変形を起こす現象。

曲率/
  曲げモーメント(M)をヤング率(E)と断面二次モーメント(I)の積で割った
  値のこと。

曲率半径/
  曲げモーメントを生ずる部材でたわみ曲線の半径。

居室/
  人が居住、執務、作業、娯楽等、一定の利用目的をもって継続的に使用する部屋。

居室の採光/
  居室にはその用途に応じて、居室の床面積の1/5から1/10までの範囲で
  採光上有効な窓等の開口部を設ける規定がある。

居住水準/
  国土交通省が定めた住宅の整備目標。

許容応力度/
  建築物の部材の設計で部材ごとに許される応力度の限界。

距離測量/
  2点間の水平距離または斜め距離を測定する。

切り組み工法/
  木材の墨付けに従って加工する。

切り妻屋根/
  一枚の板を中央で折ったような山形の屋根の形状。

切り張り/
  掘削の進行に合わせて設けるH型鋼などの水平部材。

木割り/
  日本の木造建築で、柱間寸法を基準として各部材の寸法を比例的に決める手法。

均時差/
  太陽が真南に来る時刻を正午とする真太陽時と、1年の平均から定めた
  平均太陽時の間の時差。

近代建築運動/
  様式を重んじる考え方を否定し機能を中心に空間を見直し、鉄、ガラス、などの
  製品を用いて、均質で普遍的な空間を作り上げるという考え方に基づく
  建築運動のこと。

近隣商業地域/
  近隣の住宅地の住民のための店舗・事務所等の利便の増進を図る地域。
マンガ制作用語

漫画の制作はプロの漫画家集団のとんぼスタジオへ!

社史マンガの制作 郷土史マンガの制作 自分史漫画の制作 イベント漫画制作
50音別建築用語検索表

HOME漫画の効果4コマ漫画制作マンガ社史制作広告マンガSite Map
マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C)Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。