TomboStudio マンガ制作のご依頼準備 主なマンガ制作の実績
サービス案内 完成するまでの行程 漫画制作 情報 費用について 事務所概要 お問い合せ
漫画の描き方講座3
背景画のサンプル
(漫画制作の背景画/東京都練馬区谷原の交差点付近)

  HOME漫画の描き方講座(1)漫画の描き方講座(2)>漫画の描き方講座(3)
お問い合わせ
作品サンプル
マンガのサンプル1
漫画制作の流れ
漫画活用の効果
小冊子
漫画の活用用途
漫画制作、イラスト制作、似顔絵作成に関するよくある質問
漫画制作付属情報
とんぼBOOKS/ボケる人とボケない人/電子書籍
北斎漫画について
日本漫画の歴史
自分史
イベント漫画
商品紹介
漫画作成の具体的な活用例とアドバイス
Privacy Policy
著作権について
業務提携と制作協力
東京都練馬区大泉町散策ガイド
高橋達央のオフィシャルサイト
たっちゃんのブログ/漫画家高橋達央のブログ
便利なお役立ち情報
電子コミック
ペットの似顔絵
漫画制作について
漫画制作用語
漫画制作の項目
(1)ストーリー作 り (2)キャラクター (3)絵コンテ (4)下描き 
(5)
ペン入れ (6)仕上げ (7)完成
(1)ペン先とペン軸
ペン先
●Gペン
  細かい線や太い線、シャープな線からダイナミックな線まで、ほとんどの線が引ける。
  ペンのオールラウンドプレーヤー。
  ただし、ペンに慣れるまでには時間がかかるので、何度も線を引く練習をして、
  使いこなせるようにしよう。
  ちなみに、Gペンにもメーカーさんの種類があって、Gペンを使っている
  漫画家の多くはゼブラのGペンを使っている。
  変化に富んだ線を描くには最適だ。

●かぶらペン
  Gペン同様に、使いやすくて多くの漫画家が使っている。
  Gペンほど変化に富んだ線は描けないが、素直な線を描くには適している。
  Gペンは慣れるのに時間がかかるが、かぶらペンは早く慣れることができる。
  ツヤのあるクロームメッキのものと、そうでないアルミニウム製の2種類ある。
  クロームメッキは太い線を、アルミニウム製の方は細い線を描くのに適している。

●丸ペン
  ペン先の中でもっとも細い線が描けて、しかも太い線の描くこともできる。
  効果線や点描、細かいシワを描くのによく使われるが、丸ペンでキャラや背景まで
  描いてしまう漫画家もいる。
  ただし、慣れないと紙に引っかかったりペン先が詰まってしまうので、軽いタッチで
  描くのがこのペンを使うコツだ。
  ちなみに、丸ペンを使うときには専用のペン軸を使う。
  このとき、メーカーによってサイズが異なるので注意しよう。

●日本字ペン
  線の質はかぶらペンと似ていて、シャープな線も素直な線も引くことがでる。
  このペン先を使っている漫画家は少ない。
ペン軸
  ペン軸にも様々な種類があるので、使っているペン先を差してぐらぐらしないものを
  選ぶこと。
  また、握りやすさも大事だ。
  太すぎたり細すぎたりしたら、手に馴染んで使いやすいように加工すると良い。
  とくに、長すぎるペン軸を短く切って使っている漫画家は多い。
  自分で使いやすいように工夫してみよう。
  丸ペンには専用のペン軸が必要。
(2)鉛筆と消しゴム
●鉛筆
  鉛筆は、下描きとふきだしの中にセリフを書くのに使う。
  芯が硬すぎると消しゴムで線を消すのが難しくなるので、なるべく柔らかい芯の鉛筆を
  選ぶと良い。
  多くの漫画家は、濃さがB〜2Bくらいの鉛筆を使っている。
  3B以上の濃い鉛筆は、芯が折れやすくなるのでお薦めしない。
  ちなみに芯を削るときには、先をとがらせすぎないように気を付けよう。
  とがらせすぎると紙を傷めてしまう。

●消しゴム
  多くの漫画家はプラスチック消しゴムという、ごく一般的な消しゴムを使っている。
  消しゴムのカスは、こまめに払うようにしよう。
  消しゴムで付いた汚れは、なかなか消えないものだ。
  また、消しゴムをかけるときに力を入れすぎると、原稿用紙を破いたり
  しわくちゃにしてしまう恐れがあるので気を付けたい。
  ちなみに、私は「MONO」という消しゴムを使っている。
  漫画家仲間のうち3人に2人はこの「MONO」を使っているようだ。
(3)紙
  漫画の制作に適した紙はいろいろある。
  ただし、1色原稿とカラー原稿とでは、使う原稿用紙が異なるので気を付けよう。
  基本的に、カラー原稿を描くときには水の吸い込みの良い紙を選ぶ。
  1色原稿の場合には、主に上質紙(もぞう紙)やケント紙、画用紙が使われる。
  以前は多くの漫画家がケント紙を使っていたが、最近は上質紙か画用紙を使っている。
  ケント紙は値段が高いから。
  漫画家によっては、自分専用の原稿用紙を注文して使っていたりする。
  こうした原稿用紙には、罫線に青い線が入っていたり自分の名前が入っていたりする。
  大事なことは自分の使いやすい紙を使うということ。
  そのためには様々な紙を試してみることだ。
  まず、たくさんの紙を使ってみて、その中から自分にあった紙を選ぶとよいだろう。

  紙の選び方のポイントはいくつかある。
  まず、消しゴムをかけても紙の表面がけば立たたないことが大事である。
  消しゴムをかけてペンで描いた線がかすれて見づらくなるようなら、その紙は漫画の
  原稿用紙としては相応しくない。
  また、インクがにじんでしまう紙もよくない。
(4)インクと墨汁
  通常は、墨汁や黒のインクをペンに付けて漫画を描く。
  漫画家のほとんどが、墨汁か製図用黒インクを使っている。
  ちなみに、墨汁はインクより濃い線が描けるが、乾きにくいという欠点もある。
  だから、ペンで描いたらドライヤーを使って早く乾かしてしまう。
  プロの漫画家は「Pilot製図用インク」や「解明墨汁」などを好んで使っている。

  カラー原稿を描くときには、耐水性のインクを使って線画を仕上げ、後から絵の具や
  カラーインクなどで着色していく。
  耐水性のインクは、着色しても線がにじまないので便利なのだ。
  ちなみに、耐水性のインクは証券用のインクなど。
  通常のインクで描いてしまったら、線の上からフィキサチーフという定着液を吹きかけて
  おくと良い。
(5)筆
  筆は、1色原稿でも最低3本はそろえたい。
  ホワイト用細筆、ベタ用細筆、ベタ用中筆の3本だ。
  筆を選ぶにはコツがあり、以下のような筆を選ぶとよい。
  @弾力性がある。
  A毛並みがよい。
  B穂先がそろっている。

  また、筆の値段にはピンからキリまであり、あまり高い筆を買う必要はない。
  ちなみにベタ用はベタ専用に、ホワイト用はホワイト専用にする。
  まちがっても、1本の筆を兼用しないこと。
(6)ホワイト
  ホワイトは、漫画を制作していて失敗したり、雪を描くときなどに使う。
  一般に、ポスターカラーの白をホワイトとして使っている。
  薄く塗るとインクが上手く消えない。
  また、逆に濃く塗りすぎるとホワイトが盛り上がってしまい、乾いたときに剥げて
  しまったりする。
  作業としては簡単だが使い方や塗り方は慣れが必要だ。
(7)定規
  定規は罫線や効果線などを引くのに欠かせない道具。
  基本としては、直定規、三角定規があれば大丈夫。
  さらに、曲線やカーブを描くのに雲形定規が必要だ。
  ちなみに、プロの漫画家は、定規のウラに一円玉がマッチ棒を貼り付けて使っている。
  これは、定規でインクがにじむのを防ぐためだ。

  定規は、長目の定規と短めの定規と2種類そろえると便利である。
  コマの中の背景を描くときには、短めの定規が使いやすい。
  定規の使い方の上手い人は漫画の制作が速く、とくに背景の描くスピードが速くなる。
(8)スクリーントーン
  スクリーントーンにはアミトーンやガラトーンがあり、漫画家の必需品である。
  以前は大きな画材店でしか売っていなかったが、最近は漫画に特化した
  画材屋さんもあり、通販やネットでも扱っている。
  貼り方にはちょっとしたコツがあるが、使って慣れることが一番だろう。
  カッターで切り抜くときに、力を入れすぎないように気を付けること。

Top
新製品をPRする

単行本を100冊以上出版しているプロの漫画家が制作の責任者だから安心!

HOME漫画の効果4コマ漫画制作マンガ社史制作広告マンガ練馬区大泉町よくある質問Site Map
とんぼスタジオ

All Copyright (C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じる。