なつかしい漫画情報/漫画制作のとんぼスタジオ

七色仮面
 HOMEなつかしい漫画情報>七色仮面
漫画情報/アラーの使者 漫画情報/黄金バット 漫画情報/月光仮面 漫画情報/七色仮面
  原作川内康範、漫画は一峯大二のコンビで漫画雑誌に連載された。
  一峯大二は、後に「黒い秘密兵器」(週刊少年マガジン・講談社)という
  野球漫画を描く。
  また、1959年(昭和34年)日から196030日までTV放映
  された。
  全7部全57回放映され、第5部からは「新七色仮面」としてスタートした。

あらすじ 探偵蘭光太郎は、事件が起きると神出鬼没で現れる。
変装の名人で、様々な姿に変装する。
そして、七色仮面として活躍するのである。


蘭光太郎扮する七色仮面は、二挺拳銃を武器に、分身の術や
テレポートを使う。高らかな笑いとともに、事件で苦しむ
人たちを
助けに現れる。
七つの顔を持つ正義の人、それが七色仮面である。


七色仮面は、何度も危機に瀕しながらどんな困難に遭遇しても、
いつの間にか見事に脱出してしまう。
しかも、敵の裏をかく痛快無比のヒーローである。


また、事件の犯人も様々な仮面を付けて登場し、七色仮面や
警察に挑戦してくる。


コブラ仮面の手先鉄と万吉が、蘭光太郎を拉致した。
二人は、迫り来る列車の線路上に蘭光太郎を立たせ、背後から
銃弾を撃ち込んだ。

もはや、これまでか?
蘭の助手大八らが見守る中蘭光太郎は列車に轢かれてしまった。
やがて、七色仮面が登場する。
もちろん、蘭光太郎は死んではいない。
七色仮面はコブラ一味を追いつめていく。
そして海道邸を襲うコブラ一仮面立ちの前に七色仮面が現れた。
得意の変装に、コブラ一味は恐怖におののく。

コブラ仮面は逃走し、ついに七色仮面がコブラ仮面のアジトに
乗り込んだ。
しかし、敵の罠が待っていた。

七色仮面は落とし穴に落ち、電気光線に苦しめられる…。

TV放映は、以下の項目だった。
七色仮面01








世界観 七色仮面は、大人気だった月光仮面の魅力の要素を備えた、
多羅尾伴内の子供版として制作された。
つまり、月光仮面のテーマ「憎まず、殺さず、赦しましょう!の
精神を兼ね備えた多羅尾伴内を描こうとしたのである。


大ヒットが期待された作品で、破格の製作費が投じられ、
東映仮面ヒーローの記念すべき第一作となった。


第1部は、原作者川内広範が、自ら全12回の脚本を担当した。
主演蘭光太郎役は、波島進が演じた。
波島進の演じる七色仮面は、重厚で貫禄十分のヒーローだった。

第1部から第4部までは蘭光太郎を波島進が演じることになる。
そして、相手はコブラを操るコブラ仮面だ。

好評のうちに、第2部の相手はキングローズ、第3部の相手は
レッド・ジャガー、 第4部の相手はスリー・エースと、次々と
凶悪な怪人と闘うことになる。

ここで、「七色仮面」は一応終了する。
番組の提供はカバヤ食品だった。

第5部から は、新たに「新七色仮面」としてスタートする。
主役も交代し、アクション俳優の千葉真一が蘭光太郎を演じる
ことになる。
おじさんの波島進から、お兄さんの千葉真一にバトンタッチ
したのである。
そして、千葉真一の七色仮面は、アクVョンシーンを多く
取入れて子供受けするヒーローとなった。


第5部は「龍虎の地図」、第6部は「毒ぐもに手を出すな」
だった。
そして、完結編の第7部では「日本は狙われている」という
副題で、まさに 川内康範らしいテーマで締めくくった。


完結編の第7部は、日本を狙う外資の内容となっており、かつて
川内康範が作った七色仮面のシナリオが、昨今の日本で現実味を
帯びてきている。


月光仮面はいつもバイクに乗って現れたが、七色仮面は歩いて
やってくる。
拳銃を撃つときも歩いている。
歩きながら撃っても、的を外さないのは流石である。
七色仮面04
七色仮面09
 
キャラクター&情報
正義の味方側

主人公/七色仮面……七色に輝く仮面を付け、宇宙服のような
コスチュームに身を固めた正義の味方である。
高笑いとともに現れ、悪を蹴散らす。
手には二挺拳銃を持ち、分身の術などを使う。
七色仮面は七つの顔を持つ。


主人公/蘭光太郎……七色仮面の正体は探偵の蘭光太郎である。
蘭は変装の名人である。
そして、七色仮面として悪に立ち向かう。


大八少年……蘭探偵の助手。

山本警部

金有左門

三子

七色仮面08
悪役たち
コブラ仮面……コブラを操る怪人。
すだれ髪で見るからに異様な雰囲気を醸し出している。


万吉



木の村

キング・ローズ

レッド・ジャガ

スリーエース(スペード仮面、ハート仮面、キング仮面)

ゴールデンキング・ブタンカン

サマレン大統領・毒蜘蛛

七色仮面02
武器
二挺拳銃……弾は無尽蔵に出るらしい。映像で見ると、どうやら
改造銃かな?

タイトル/七色仮面
第1部(全12話)/登場怪人(コブラ仮面)
[あらすじ]
コブラ仮面が、戦争時の財宝を狙い、毒蛇コブラを操り殺人や
誘拐を引き起こす。
ところが、七色仮面はなかなか登場せず、蘭光太郎の探偵活劇の
場面が
多く設定されている
。そのため、低年齢の子ども向けというより、むしろ大人でも
楽しめる構成になっている。

1 蛇笛殺人事件 
2 悪魔の哄笑     
3 呪われた秘密
4 意外な証言
5 恐るべき復讐
6 七色仮面登場
7 死の追跡
8 迷探偵出動
9 ホクロの謎
10 魔の陥し穴
11 深夜の大爆発
12 南海の凱歌 
七色仮面03
第2部(全6話)/登場怪人(キング・ローズ)
[あらすじ]
銀行強盗や偽札が横行し、宝石まで狙われる。
その黒幕はキングローズだった。
今度は、七色仮面の出番が多くなり、子どもでも楽しめる設定に
なっている。

13 台風圏下の犯行        
14 三つ数えろ
15 悪の巣
16 消えた紳士
17 死よりの挑戦
18 法が裁く
第3部(全7話)/登場怪人(レッド・ジャガー)
[あらすじ]
世界の財宝が狙われる。
犯人は世界征服を目論む国際ギャング団レッドジャガーだった。
七色仮面とレッドジャガーの戦いが展開される。

19 黒い牛の戦慄
20 甦えった男
21 国際ペテン師
22 百万弗の対決
23 地獄の罠
24 拳銃埠頭
25 最後の切り札
第4部(全6話)/登場怪人(スペード仮面・ダイヤ仮面・ハート仮面)
[あらすじ]
大富豪の財宝を狙う のは、スペード仮面、ハート仮面、
キング仮面の仮面・スリーエースだった。

26 悪魔の爪痕                        
27 深夜の三巨頭
28 真昼の誘拐指令
29 暗黒の対決
30 踊る黄金魔
31 悪徳の果て
タイトル/「新七色仮面」
第5部(全6話)竜虎の地図の巻/
登場怪人(ゴールデンキング・ブタンカン)
[あらすじ]
世界の財宝に通ずる竜虎の地図をめぐって、様々な悪事を
重ねるのはゴールデンキングと怪人ブタンカンだった。

32 影なき挑戦                     
33 新たなる強敵
34 謎の怪人
35 悪魔の巣窟
36 危うし名探偵
37 奇怪なる事実
第6部(全7話)毒蜘蛛に手を出すな/登場怪人(サマレン大統領・毒蜘蛛)
[あらすじ]
毒蜘蛛団と首領能面仮面が、トルメニヤ国建設を企み古美術を
狙って連続殺人を起こす。

38 戦慄の一夜                     
39 迫りくる危機
40 暗殺命令
41 地獄の掟
42 悪魔の招待状
43 恐怖の館
44 意外なる真相

第7部(全13話)日本はねらわれている
[あらすじ]
日本を狙う外国資本とその外人陰謀団の暗黒大帝など、魅力ある
悪役が登場する。

45 日本はねらわれている  その1  
46 日本はねらわれている その2
47 日本はねらわれている その3
48 日本はねらわれている その4
49 日本はねらわれている その5
50 日本はねらわれている その6
51 日本はねらわれている その7
52 日本はねらわれている その8
53 日本はねらわれている その9
54 日本はねらわれている その10
55 日本はねらわれている その11
56 日本はねらわれている その12
57 日本はねらわれている 
七色仮面07
七色仮面 主題歌 1 とけない謎を さらりとといて
  この世に仇なす 者達を
  でんでんどろりこ やっつけろ
  でんでんどろりこ やっつけろ
  ななつの顔の おじさんの
  本当の顔は どれでしょう

2 夢は七色 きれいな虹の
  みんな呼んでる 幸せ
  でんでんどろりこ やっつけろ
  でんでんどろりこ やっつけろ
  ななつの声の おじさんの
  本当の声は どれでしょう
七色仮面06
七色仮面のアクションは迫力がある
元々劇場公開が前提に作られたので、アクションも迫力が
あったし、コスチュームも金色で凝っていた。
それに比べ、宣弘社のヒーローはどことなく安っぽかったように
思う。
さすがは東映、というところか。

ところで、七色仮面の仮面は七色に輝いているわけだが、当時の
白黒テレビで見ても輝いているように見えたから不思議である。

拳銃は何連発なの? 七色仮面は拳銃の撃ち合いが多く、まるで西部劇のようだった。
しかも、笑いながら撃つ七色仮面の拳銃は、弾が無くなることが
なかったように思う。
弾倉のカートリッジを取り換えるシーンも記憶がない。
もしかすると、新式の拳銃だったのかな?

ヒーローの素顔 仮面を被ったヒーローが正体を隠すなら、通常であれば優秀な
私立探偵ではなく、間抜けな探偵でなければならないだろう。
たとえば、アメリカンヒーローのスーパーマンも、普段は
さえないサラリーマン姿である。
その方が、世間を欺くには好都合である。

ところが、川内康範のヒーローたちは、普段も優秀な名探偵
として生活している。
七色仮面の蘭光太郎も月光仮面の祝十郎も、世間が認める
名探偵である。

名探偵なら、そのままの姿で難事件を解決すればよいのではない
だろうか。なにも、仮面を付けて正体がわからなくする必要性は
ないと思う。

しかも、普段も優秀な探偵の方が、品はあるけどね。
七色仮面05
どうやって七色仮面は脱出できるのか 蘭光太郎がコブラ仮面の手先に拉致され、鉄と万吉によって
線路の上で拳銃で撃たれ列車に轢かれた。
しかも、そばで蘭光太郎の助手大八も目撃している。
映像では、背中から撃たれて線路上に倒れた蘭光太郎は、日本の
レールをまたぐように横たわっていた。

しかし、主人公は死なない。
では、どうやって脱出できたのだろうか?
七色仮面は、正義の使者だけではなく、イリュージョンでも
食っていけると思う。

ヒーローは落とし穴に弱い 七色仮面がコブラ仮面を追ってアジトに踏み込んだが、落とし穴に
落ちて捕まってしまった。
黄金バットもそうだが、ヒーローはよく落とし穴にはまるのだ。
案外、もろいところがある。

電気光線はエクトプラズムか 落とし穴にはまって捕まった七色仮面は、電気光線で
苦しめられるが、その光線が心霊現象のエクトプラズムに見えて
しまったのは私だけだろうか。

笑っていても口が開かない 七色仮面は仮面を被っている。
したがって、仮面の下で笑っても仮面の口が動くわけがない。

ところが、私が子どもの頃は、「どうして笑っているのに口が
動かないの?」と、真剣に思ったものである。
七色仮面が、仮面ではなく「皮膚」だと思っていたのだ。
子どもというのは、パッと見で判断しやすいから、勘違いして
しまう。
私と同じように思っていた子どもは結構いたぞ。

ちょっと話は違うけど、コブラ仮面は気持ち悪かったな〜。
海から上がったばかりの土左衛門が生きて現れたような
姿だった。
ゾッとしたよ。

七色仮面10
漫画で新製品をPRする
Top
社史マンガの制作 郷土史マンガの制作 自分史漫画の制作 イベント漫画制作
漫画制作、イラスト制作、似顔絵作成に関するご依頼やお問い合わせ
漫画の効果4コマ漫画制作マンガ単行本制作広告漫画制作Site Map
漫画制作のとんぼスタジオ
All Copyright (C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。