葛飾北斎は漫画家の大先輩です。北斎漫画からは学ぶことが沢山ある。

北斎漫画について
KatsushikaHokusai-MangaTitle
  HOME>北斎漫画について
北海道礼文町の歴史/礼文町教育委員会
社史漫画制作
郷土史漫画制作
無料の電子コミック
自分史漫画制作
企業漫画制作
イベント漫画制作
単行本漫画制作
電子書籍
卓球/きらめく星座
楽しい歴史/電子コミック
電子Comic/建築「笑う門には福来たる」
ギンヤンマのブログ
とんぼスタジオの漫画制作について
日本漫画の歴史
電子コミックのサンプル
橋達央の似顔絵
代表のプロフィール
  漫画の祖は鳥羽僧正の鳥獣戯画だとされている。
  しかし、大衆にアピールした最初の漫画家は、おそらく
  葛飾北斎だろう。
  北斎は世界で最も有名な「日本の漫画家」である。

  「北斎漫画」というのはスケッチ画集だ。
  漫(そぞろ)画といって、たいした理由もなく気の向くままに
  描く絵という意味で、北斎が名付けた。
  つまり、北斎漫画は今日の漫画とはかなり異なっていた。

  それでは、漫画家の大先輩葛飾北斎についてご紹介したい。
北斎といえば
 北斎といえば、なんといっても「富獄三十六景」である。
 当初は、タイトル通り36の図版が出版された。
 ところが、この「富獄三十六景」が非常に人気があったので、その後に
 10図を追加で刷ることにしたようだ。
 つまり、「富獄三十六景」は、最終的に46図出版されたことになる。

 ちなみに、当初の36図を「表富士」、追加の10図を「裏富士」と呼び、 すべての図に富士山が描かれている。

 では、なぜ富士山が描かれていたかというと、もちろん富士山の美しさを
 人々が好んだから版元が北斎に描かせたということはあるだろう。
 実はそれ以外にも理由があって、富士山が信仰の対象だったからなのだ。

 当時は、富士山を集団で参拝する「冨士講」が盛んで、富士山に見立てた
 築山「富士塚」が江戸の各地で作られていた。
 私の住む練馬区大泉の八坂神社にも富士塚がある。
 また、以前住んでいた、江古田駅の近くの浅間神社にも富士塚があった。

 こうした当時の社会的風潮の中で、北斎の「富獄三十六景」が誕生した。
 HokusaiManga01
HokusaiManga02
北斎とは
 葛飾北斎が生まれたのは、宝暦10年(1760年)9月23日ではないかと
 いわれている。
 武蔵国葛飾郡本所割下水(現在の東京都墨田区)に、貧しい百姓の
 子として生まれた。
 姓は川村、幼名は時太郎といった。
 つまり、生まれたときの名前は「川村時太郎」という名前だったのだ。
 後に鉄蔵と名乗り、通称は中島八右衛門といった。

 そして明和元年(1764年)、幕府御用達鏡磨師・中島伊勢の養子と
 なったが、伊勢の実子に家督を譲り、北斎は家を出て行った。
 その後、貸本屋の丁稚となった。
 さらに、木版彫刻師の弟子となり、やがて実家へと戻って行った。
 この頃から、貸本の絵を描くことに興味を持つようになったようだ。
 おそらく、この時期に絵の道を志すようになったのではないだろうか。

 安永7年(1778年)、北斎は浮世絵師・勝川春章の門下となった。
 そして、狩野派や唐絵、さらには西洋画などを学び、
 名所絵(浮世絵風景画)や役者絵をたくさん描くようになった。
 この頃の雅号は「春朗」といった。
 これは、師である勝川春章と、その別号である旭朗井(きょくろうせい)
 から1字ずつとって付けた雅号だった。

 ところが、安永8年(1779年)、北斎は勝川派を破門された。
 理由は定かではないが、どうやら最古参の兄弟子と仲が悪かったのが
 原因だったらしい。
 この最古参の兄弟子は勝川春好だった。
 また、師匠の勝川春章に隠れて、狩野融川に出入りして狩野派の画法を
 学んだためともいわれている。

 寛政7年(1795年)には「北斎宗理」の号を名乗った。
 ところが、寛政10年(1795年)には、「宗理」の雅号を門人である
 琳斎宗二に譲り、自らは「北斎」という雅号や「可侯」「辰政」の雅号を
 使っていた。
 そして文化2年(1805年)、ついに「葛飾北斎」の雅号を使うように
 なった。
 文化7年(1810年)には、「戴斗」の号を用いている。

 文化11年(1814年)、「北斎漫画」の初編が発刊された。

 文政3年(1820年)、「画狂老人」「卍」の号を使い「富獄百景」を
 手がける。
 嘉永2年(1849年)4月18日、江戸浅草聖天町にある遍照院境内の
 仮宅で亡くなった。
 享年90歳だった。

 次のような辞世の句を残している。
「人魂で 行く気散じや 夏野原」
 北斎の墓所は、台東区元浅草の誓教寺にある。
HokusaiManga03   HokusaiManga04
HokusaiManga05
HokusaiManga01-6
北斎漫画について
 葛飾北斎が絵手本として発行したスケッチ画集が「北斎漫画」だ。
 絵手本というのは画学生のための絵の教本で、全15編で構成されており
 4000図が収められている。
 北斎54歳、雅号は「戴斗」の頃だった。

 絵手本として発刊された「北斎漫画」は、やがて評判となり、職人の
 意匠手引き書などにも用いられるようになった。
 さまざまな職人から道具師やふざけた表情、あるいは妖怪、さらには
 遠近法など、多岐にわたる図が収められている。

 北斎は、この絵のことを「気の向くままに漫然と描いた画」と呼んだ。
 やがて、この北斎漫画は海外でも評価されるようになった。
 1830年代ヨーロッパに、磁気や陶器の輸出の際に、緩衝剤として
 浮世絵と共に渡ったのだ。
 そして、それを見たフランスの印象派の画家クロード・モネやゴッホ、
 ゴーギャンたちに影響を与えたのである。
HokusaiManga07
HokusaiManga08
HokusaiManga09
映画「北斎漫画」のあらすじ
 監督/新藤兼人
 鉄蔵(葛飾北斎)/緒形拳
 左七(曲亭馬琴)/西田敏行
 お栄(鉄蔵の娘)/田中裕子
 お直/樋口可南子
 お百(左七の女房)/乙羽信子
 中島伊勢/フランキー堺

 鉄蔵と鉄蔵の娘お栄は、左七の家の居候になっていた。
 鉄蔵は貧しい百姓の生まれだったが、幼い頃に御用鏡磨師・中島伊勢の
 養子となっていた。
 幼い頃から絵が上手だったので絵師の弟子となったのだが、一箇所に
 落ち着かず、幾人もの師から破門された。

 一方、左七は侍の生まれだったが、読本作家になることを志し下駄屋の
 養子に入り込んでいた。
 左七の女房お百は、亭主が黄表紙本などを読むのを心よく思っていない。
 さらに、朝から晩まで絵を描いている、居候の鉄蔵とお百の父娘にも
 我慢ならなかった。

 そんなある日、鉄蔵はお直という女に出会ったのだ。
 鉄蔵は一目でお直にのめり込んでいった。
 そして、彼女を描くことで、つき当っている壁を破ろうとした。

 ところが、お直の不思議な魔性に手応えがない。
 鉄蔵は、お直を養父の伊勢に紹介することで彼女と別れ、また金も
 せびることにした。
 しかし、その伊勢もお直の魔性にとり憑かれ、首をくくって死んで
 しまう。
KatsushikaHokusai-Akahuji
「北斎」という雅号
「北斎」という雅号は、どうやら日蓮宗の妙見(北斗七星)信仰から
 きているようだ。
 北斎は、日蓮宗を信仰していたのだろうか。
 妙見、つまり北斗七星は「北辰」と呼ばれている。

 坂本龍馬が免許皆伝の「北辰一刀流」という剣の流派があったが、
 その北辰も同じように北斗七星のことである。

 ちなみに、北斎は、当初「北斎辰政」と名乗っていたらしい。
HokusaiManga10
雅号がなんと20以上
「北斎」という名で知られる葛飾北斎だが、雅号はなんと20以上あると
 いわれている。
 したがって、北斎という人物の足跡は、人間北斎の長い人生を考えれば
 ほんの一部に過ぎないことになる。
 たとえば、「春朗」「宗理」「北斎」「戴斗」「為一」「卍」など、
 まだまだたくさんの名前がある。

 北斎が面白いのは、使わなくなった雅号を弟子に譲ったりしている点だ。
 ということは、たとえば「北斎」と記された絵が、実は「弟子の北斎」が
 描いたものかもしれないのだ。
「北斎」という雅号は、実は5年くらいしか使っていないらしい。

 実に面白いというか、名前などに執着しないで絵に没頭していたであろう
 葛飾北斎の姿が見えるようである。

 つまり、名前は必要があるから使っているだけで、飽きてくることだって
 あるのだ。
 まぁ、付き合っている彼女に飽きてくると、傍を通る粋な女性に
 目移りすることだってあるわけで…。
 ただし、未だに北斎の真筆かどうかがわからない作品が多いのは困る。
 それなら、「とんぼスタジオ」のように、「北斎スタジオ」制作作品
 てことでどうだろうか。
 焼き物だって同じようなものだから。
HokusaiManga11
HokusaiManga12
HokusaiManga13
北斎は引越魔だった
 様々な理由があったようで、北斎は生涯で92回も引越をしている。
 90歳で亡くなっているから、年に1度は引っ越していたことになる。
 とくに、晩年近くになってから引越の回数が増えたようだ。

 雅号を頻繁に変えることもそうだが、どうやら北斎はひとつ処に
 留まることが嫌いだったのではないだろうか。
 流れる水の如く、常に新鮮な何かを求めながら絵に没頭していたので
 あろう。
HokusaiManga14
葛飾北斎と滝沢馬琴
 滝沢馬琴は「南総里見八犬伝」の著者として有名。
 北斎は、その滝沢馬琴の家に居候していたことがある。
 しかし、同居していたくらいだから仲が良かったのかというと、決して
 そうではなかったらしい。
 しょっちゅう喧嘩していたようだ。

 滝沢馬琴は、自著の「三七全伝南柯夢」で述べている。
「三七全伝南柯夢」は、実際の心中事件を脚色した浄瑠璃「女舞剣紅風」
「艶姿女舞衣」などの「三勝半七」ものを忠孝・貞の物語に仕立てたもの
 だ。
 その書物の中で、馬琴が書いた話に関係なく北斎が狐の絵を描くので、
 これじゃあ狐に化かされてるみたいだと怒ったという話が載っている。

 また、馬琴が草履を口にくわえた姿を描いてくれと言うと、そんなに
 汚ねえ絵が描けるか、だったらてめえでくわえてみやがれ、と北斎が
 怒った話などが載っている。

 そんな2人だが、相手のいないところではお互いの才能を褒め合っていた
 らしい。
HokusaiManga15
HokusaiManga16
北斎の子孫
 北斎は2度結婚している。
 まず、先妻との間にできた長女お美与は弟子の柳川重信と結婚し、
 一男をもうけたが、後に離婚している。
 長男は富之助といい、北斎の代わりに北斎が養子となった先の中島伊勢の
 家督を継いだ。
 ところが、早くに亡くなっているようだ。
 次女のお辰は、北斎の血を引いて画才があったようだが、早くに嫁ぎ
 病死している。

 また、再婚相手との間にできた3女のお栄は、結婚して離婚している。
 このお栄は、北斎が亡くなるまで北斎と一緒に絵を描いていた人だ。
 次男の崎十郎は、武士の養子となり御家人になった。
 4女のお猶は生まれつき盲目だったらしく、尼寺に引き取られ、体調を
 崩してからは母親と一緒に暮らしていたようだ。

 北斎の画才は、どうやら娘にだけ引き継がれていたようである。

 3女のお栄は絵師と結婚したが、実は夫より絵が上手かったといわれて
 いる。
 それが原因で離婚したのではないかともいわれる。
 また、お栄は「北斎」の雅号を継ぎ、父北斎の代筆まで手掛けていた
 らしい。
 そのお栄は、北斎が亡くなって6年後に、長野で頼まれた絵があると
 言い残し、その後の消息を絶っている。
HokusaiManga17

北斎漫画

HOME漫画の効果マンガの活用広告マンガ練馬区大泉町よくある質問Site Map
漫画制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C)Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。