本文へスキップ

とんぼスタジオは、プロの漫画家による「漫画」に特化した漫画制作事務所です。

電話でのお問合せはTEL.03-0670-0230

〒178-0062 東京都練馬区大泉町1-15-7

サービス案内―仕事内容とアドバイス―

仕事内容をご紹介します。
分かりやすく以下のように分類しました。
「漫画制作」「電子書籍の販売」「Web漫画の制作」「イラスト制作」「絵本の制作」「似顔絵制作」
また、漫画制作に役立つアドバイスをご紹介いたしますのでお役立て下さい。

漫画制作
社史漫画制作
社史を全社員に読んでいただくために漫画で制作します。社史の内容すべてを漫画化することは費用的にも難しいでしょうが、創業期から変革期などドラマチックな時代を中心に漫画にすることで、最終ページまで読んでいただくことが狙いです。また、漫画は社員のご家族まで読んでくれるという効果もあります。「とんぼスタジオ」がもっとも得意とする漫画制作です。

郷土史漫画制作
地域の歴史を漫画化することで子供たちに郷土愛を育んでもらいます。古代から現代までの先人たちの苦労を知れば、土地に対する愛着だけでなく優しさや思いやりといった心を醸成することにもなります。また、お年寄りたちにとっても漫画は楽しいものです。施設やホームで漫画が話題になれば表情に明るさが見られるかもしれません。

歴史漫画制作
歴史からは学ぶことがたくさんあります。郷土史もそうですが、地元の歴史上有名な人物は生き方や考え方が非常に魅力的です。そうした、歴史の魅力をドラマチックでスペクタクルな漫画で表現すれば大勢の方が読んでくれて感動と共感を与えることができます。日本の歴史は、そうした先人たちの足跡を辿りながら未来を考えて前進していくと考えます。

自分史制作
著名人の自分史であれば読んでみたいと思うでしょうが、通常の方の自分史に興味を持たれる方はかなり少ないでしょう。しかし、ご自分の生き方や家族へのメッセージを後世に遺すことで、生きてきた証としたいと考える方は多いです。そのためには読んでいただく工夫をしなければなりません。その方法として「自分史の漫画化」をお薦めします。

4コマ漫画制作
4コマはすべての漫画の基本となるもので、わずか4つのコマの中に多くの情報を容れることができます。文学で言えば俳句のようなものです。またほのぼのとして明るい雰囲気を醸し出すこともできるので、新聞や広告など様々なところで使われています。情報提供というより雰囲気やイメージ作りのために活用されることが多いでしょう。

漫画単行本制作
実用書や専門書などの内容をより分かりやすくするために漫画を活用することが多いです。本来活字で著すところを漫画で描くことによって、より多くの方が著書を手に取ってくれます。また、内容が理解しやすいということでたくさんの漫画単行本が作られています。すでにある活字本を漫画化することもあれば、企画から起こして制作することもあります。

企業漫画制作
新製品の紹介やサービス内容を漫画で著すことで、より分かりやすい広告にすることができます。また、既成のパンフレットやカタログに漫画を活用することも多いですし、思い切って漫画仕立ての広告を作っても良いでしょう。漫画は衆目を集めやすいので広告に最適なツールです。

イベント漫画制作
企業や地域などのイベントに合わせて、告知宣伝に漫画を活用すると非常に有効です。イベント会場の案内図や目録などを分かりやすく、しかも楽しいものにするために使うと良いでしょう。イベントを成功させるためには大勢の方を集めなければなりません。そのためのツールとしてぜひ漫画を活用してもらいたいものです。

ブライダル漫画制作
結婚式を盛り上げるためにブライダル漫画をご提案します。主人公はもちろん新郎新婦ですが、おふたりのなれそめだけの漫画とはしないで、大勢の友人や会社の同僚などを登場さることで面白くて楽しい漫画を作りましょう。また、この漫画冊子は良い思い出として永く残すことができます。アルバムの1ページ目に飾りたい珠玉の宝物となります。
 
電子書籍の販売
漫画やイラストの電子書籍を作って販売しております。内容は様々ですが、すべて漫画かイラスト仕立てとなっています。出版社から商業販売したものを再録して電子化したものもあり、また企画から作ったものもあります。いずれも自慢の電子書籍ばかりです。見本もありますのでぜひご覧になってください。
Web漫画の制作
サイトなどに掲載するような短編のWeb漫画を作っています。Webの専門ではないですが漫画家は雑誌等で活躍するプロばかりなので内容は完璧です。サイトに数ページのWeb漫画を載せることで集客に繋がります。多くのアクセスとリピーターを確保するためのツールとお考え下さい。内容は様々すし、商品紹介やサイトの導入部の意味合いで活用されても良いでしょう。 
イラスト制作
多くのイラストレーターが登録されているので、ご要望に合った作家さんを選ぶことができます。また、イラストと漫画のコラボもできます。広告チラシの紙面をイラストで構成しながら、4コマ漫画を入れてもよいでしょう。また、漫画小冊子に商品の説明文などを入れるときに、イラストをワンポイントで使う方法もあります。
   
 似顔絵制作
似顔絵はワンポイントとして様々なところで使われています。写真だとそのものズバリの顔ですが、似顔絵だと見ているだけで楽しくなるものです。使い方は多様で、データとしてご自分のサイトに貼ってもよいでしょうしシールを作って現物に貼るのも面白いでしょう。あるは色紙に描いて自宅に飾ったり、友人を描いて贈るのも良いと思います。
また、「ペットの似顔絵」も承っております。 
 絵本の制作
様々なストーリーに合わせて絵を描きます。絵本は夢を描くもので、心の自由な羽ばたきを表現します。漫画家とイラストレーターの両者のマインドと力量が合わさって表現が可能となるのが「絵本」です。パソコンで絵本を作成してお渡しします。そのデータをお近くの印刷会社さんで製本していただきます。あるいは当方で印刷製本を印刷会社さんに依頼して完成本をご自宅にお届けすることも可能です。
 
 漫画の活用とアドバイス
●社内報の構成は漫画を活用してスッキリさせる
社内報を漫画仕立てにしてみると面白いですよ。コマを要点ごとに区切って漫画のように読ませるわけです。漫画のキャラクターを作ってコメンテーターとして紙面に登場させると楽しい社内報ができます。

●商品の購入方法や製品紹介に漫画を活用する
商品の購入方法や新商品などはできるだけわかりやすく紹介したいものです。そうした大事な部分だけを漫画小冊子にしてまとめてしまいます。こうしておけば、お客様にも有難いし、説明する営業マンの負担軽減にもなります。それに、漫画は見る側もよく理解できるので喜んでくれます。

●社史や自分史を漫画で描くと相手が喜んでくれる
社史や自分史を大仰に書くのではなく、4〜8ページほどのショート漫画冊子にして相手に渡します。初対面の取引相手やこれまでに付き合いのあった相手先に渡すことで、受け取った相手は喜んでくれます。これが縁で今後の商談がスムーズに進むかもしれません。少なくとも受け取って嫌がる人はいないでしょう。冊子の内容はエピソードを2〜3本入れて、あとは箇条書き程度で良いでしょう。

●カタログやパンフレットに漫画を使う
販促のためのカタログやパンフレットも、相手が読んでくれなかったら意味がありません。
つまり、一見して相手に興味を持ってもらうための漫画利用です。作り方は、内容を集約して漫画にしてしまうことです。あれこれ書かずにポイントだけを漫画化します。なにしろ相手が関心を示してくれることが大事なのです。

●名刺に漫画を活用して名刺の効果を倍増させる
名刺は多くの商機を含んでいるのに、うまく利用できている人は少ないです。そこで名刺に一工夫仕掛けてみます。名刺に似顔絵を描くのはよくありますが、裏に自己紹介の4コマ漫画を描くというのも効果があります。名刺を渡した相手にご自分を覚えていてもらうことが大事です。4コマ漫画が描きやすいように、名刺のサイズを縦長に仕立てるというのも良いかもしれません。



 とんぼスタジオ

 〒178-0062
 東京都練馬区大泉町1-15-7
  TEL.03-6760-0230
  FAX.03-5934-3855

xxxxx