郷土史のマンガ制作はプロの漫画家にお任せ下さい!
TomboStudio 漫画制作のご依頼準備 漫画制作の主な実績
サービス案内 完成するまでの行程 漫画制作 情報 費用について 事務所概要 お問い合せ

郷土史のマンガ制作

マンガ制作のとんぼスタジオ
イラスト/劇画の背景画
ご依頼やご質問は
☎ 03-6760-0230
MAIL  takataka1123@office.nethome.ne.jp
広告漫画制作のサンプル1
絵見本
礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
社史漫画制作
郷土史漫画制作
無料の電子コミック(卓球)
自分史漫画制作
企業漫画制作
歴史漫画制作
イベント漫画制作
単行本漫画制作
ブライダル漫画制作
商品説明
マンガ小冊子の制作
 電子書籍
週刊連載卓球マンガ「ピンポンぱん」
卓球/きらめく星座
楽しい歴史/電子コミック
電子Comic/建築「笑う門には福来たる」
ギンヤンマのブログ
漫画制作について
とんぼBOOKS/電子コミック
北斎漫画について
日本漫画の歴史
還暦ハガキ
とんぼの電子コミック
マンガ単行本「電気回路」
マンガ単行本「太陽電池」
漫画制作用語
漫画家・高橋達央のオフィシャルサイト
髙橋達央の似顔絵
代表高橋のプロフィール
HOME>郷土史漫画制作

北海道礼文町の歴史/漫画小冊子制作 草野産業の社史/漫画小冊子制作 マンガ・音と映像の世界に憧れて」/漫画小冊子制作 バロン/漫画小冊子制作 自分らしく生きたい/漫画小冊子 マンガでわかる建築施工/漫画単行本 漫画「無限のセールス」 実験漫画/WebComic
郷土史漫画制作例01
郷土史漫画制作例02
郷土史漫画制作例03
まずは読んでいただくことが大事!
  郷土史など地域の歴史の書籍化は活字がメインで構成され、写真や地図などを
  配置して制作されることが多い。
  通常は書店に置いて売れるというものではなく、出版社は制作はするが
  自社販売はしない。
  つまり自費出版扱いである。
  出版社が著者に印税を支払って制作販売する著作物は、売れて利益が上がると
  見込んだもののみである。
  ちなみに通常の自費出版だとおよそ250~500万円くらいかかる。
  ただし、装丁に凝ったりハードカバーにしたり、あるいはカラー版だったり
  するとかなりの制作費が必要となる。
  つまり、見栄えの良い装丁を施そうとすると制作費は高額になる。

  しかし、ここでご提案したいのは、「見栄えの良い装丁本」ではない。
 「相手に知ってもらいたい本」についてである。
  たしかに、お金をかければ豪華な本を作成することはできる。
  だが郷土史というのは、郷土の真の歴史を知ってもらうことが目的なので、
  できるだけ費用をかけず、かつわかりやすい表現が求められる。
  さらに、子供やお年寄りにも手軽に読めて理解されやすいものがベストなのだ。

郷土史漫画制作の目的

  郷土史制作の目的は2つある。
  ひとつは郷土の正しい歴史を後世の残すこと。
  さらに、たくさんの人たちに郷土の歴史を知ってもらうことだ。
  いずれもキーワードは「読んでもらう」ということで、それは老若男女を問わず
  郷土を愛する大勢の人たちが対象となる。
  しかし、歴史というのは、興味がないと1冊を読み切れるものではない。
  それでも作る側としてはなんとか読んで知ってもらいたいのである。
  では、どのようにしたら読んでもらえるのか?

  それには、読者が読みやすいように工夫することだ。
  しかも、小手先の処理ではなく大幅な変革が必要である。

  プロの漫画家のスタンスから、郷土史を漫画で作成することをお薦めしたい。
  郷土の歴史をドキュメンタルな漫画の小冊子にすれば、大人から子供まで、
  もちろんお年寄りまでほとんどの方が読んでくれる。
  漫画は老若男女を問わず世界の共通語なのである。
歴史のマンガ

単行本を100冊以上出版する代表が制作責任者だから安心!

漫画の効果4コマ漫画制作漫画の活用広告漫画練馬区大泉町よくある質問Site Map
ロゴ 広告漫画制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。