漫画で社史を制作する

漫画制作のとんぼスタジオ
温かい心のお手伝い/イラスト
漫画制作のとんぼスタジオ 漫画制作の流れ とんぼスタジオの漫画制作について プライバシーポリシーについて Mail 漫画制作に関するお問合せ
広告漫画制作  漫画小冊子  漫画活用の効果  漫画の活用例  制作費  お問い合わせ  サイトマップ
社史漫画制作  イラスト
業界屈指の制作実績
漫画制作依頼等のお問い合せメール
03-6760-0230
漫画制作/マンガでわかる礼文町の歴史
漫画制作に役立つ連続動画ニュース
漫画制作
郷土史漫画制作
自分史漫画制作
イベント漫画制作
4コマ漫画制作
漫画単行本制作
商品紹介
あなたの文書を漫画にします
漫画の無料制作お申し込み
ペットの似顔絵制作
犬のイラスト
とんぼスタジオ電子書籍TOP
とんぼBOOKS
北斎漫画について
日本漫画の歴史/広告マンガ制作のとんぼスタジオ
漫画の描き方講座
なつかしい漫画情報
卓球漫画「きらめく星座」
楽しい歴史漫画/電子コミック
建築漫画/笑う門には福来たる
不動産販売/電子コミック
犬のイラスト
マンガ制作事務所/とんぼスタジオ
漫画の制作スタッフ/イラスト
HOMEその他の漫画制作>社史を漫画で作る

社史漫画制作  単行本制作  小冊子制作  自分史制作  郷土史制作  電子コミック制作
その他の漫画制作  イラスト制作  似顔絵制作  イベント漫画制作 主な制作実績

草野産業/マンガ小冊子 産案/マンガ小冊子 「マンガ・音と映像の世界に憧れて」/マンガ小冊子 バロン/マンガ小冊子 自分らしく生きたい/マンガ小冊子 野球おばさん/電子コミック マンガ・コンシェルジュ マンガ「無限のセールス」 実験マンガ01/WebComic

記録に残すだけでなく読んでいただくことも大事!

社史や自分史を書く目的はいくつかあります。
たとえば、会社やご自分の歴史を残しておきたいということで、本を出版したりします。
ただし、こうした書籍は書店に置いて売れるというものではなく、制作するとなれば自費出版という形だと思います。
通常の作り方であれば、200~300万円くらいの費用がかかります。装丁に凝ったりハードカバーにしたり、あるいはカラー版だったりすると、それ以上にかなりの制作費がかかってしまいます。
これは、他人に見せるというより、形として残しておきたいという目的の方が強いですね。知人や取引先にお渡しして読んでいただきたいというでしょう。
つまり、見せるための本なので見栄えの良い装丁は施すわけです。
また、会社やご自分の歴史を相手に伝え、知っていただきたいという目的で作成する場合もあります。
ここでご提案したいのは、前者の「見せるための見栄えの良い装丁本」ではありません。
後者の、「相手に知っていただきたいための本」についてです。
たしかに、お金をかければ豪華な本を作成することは簡単でしょう。
しかし、それほどお金をかけず、大勢の人に会社やご自分の歴史を知っていただくにはどうしたらよいのでしょうか。
自分史漫画サンプル  自分史漫画サンプル

社史を漫画にする目的

●社史制作の目的とは
まず、制作の目的を整理してみます。
社史を作ってお客様に知っていただきたい、という目的があります。
ただし、この目的の先には、さらに、「営業成績につなげたい」という大目的があります。
つまり、営業戦略のひとつとして社史を作成するわけです。
また、ご自分の歴史、つまり自分史を作成して自分という存在をアピールしたい、という目的もあるでしょう。
たとえば、誕生日や記念日にご自分の歴史を紹介することで、自分の存在を相手に再確認していただき次へのステップにすることができるわけです。あるいは、ご自分の生きてきた歴史を、お子さんやお孫さんに伝えたいという目的もあるでしょう。

●「読んでもらう」がキーワード
こうした目的は、相手に読んでいただかなければ目的を達成したことにはなりませんね。
ということで、キーワードは「読んでもらう」ということです。
ところが、他人の歴史というのは読むのが苦痛なものです。
歴史上の人物や話題性のある人物の歴史なら、興味もあるでしょう。しかし、一般の人の歴史や企業の歴史となると、よほどその人や企業に対して興味がなければ、まずほとんど読みませんね。お金をあげるから読めと言われたら読むかもしれませんが、積極的に読む気にはなれません。
しかし、読んでもらうために作成するのです。
では、どのようにしたら読んでもらえるのでしょうか?
それには、読者が読みやすいように構成することです。
しかも、小手先の処理ではなく大幅な変革が必要です。小手先でちょっといじったくらいでは、読者はついてきません。まず読みません。

●どのようにしたら読んでもらえる?
私たちはプロの漫画家のスタンスから、そうした社史や自分史を漫画で作成することをお薦めします。
漫画の小冊子にまとめてお客様にお渡しすれば、ほとんどのお客様は読んでくれます。また、自分史のマンガ小冊子も、もらった相手はほとんど最後まで読んでくれます。漫画の中に友人や周辺の環境などを入れておくだけで、どんどん物語に引き込まれていくのです。
ここで、制作の目的をもう一度確認してみましょう。
目的は、営業成績を上げる、ご自分の存在をアピールしたい、ということです。
そして、漫画を渡されたときの相手の反応を想像してみてください。おそらく相手の表情には、驚きの後に嬉しさや楽しさが見えるはずです。
ということは、漫画を渡した時点で、すでに目的の半分を達成してことにはなりませんか。もらった相手が喜んでくれた、それだけでも大きな意味があるはずです。
そして、ほとんどの人が漫画を読み始めたら、最後まで読み切ってくれます。
これで、あなたの制作目的は達成されたことになります。

●社史を漫画で構成
こうした漫画仕立ての社史や自分史を、より上手に見せるために様々な工夫をします。
たとえば、それぞれ重要なポイントで写真を使い、漫画と組み合わせます。これによって、会社やご自分と読者との距離を接近させたことになります。読者と、より身近な存在に感じられるようになります。
とくに、会社の創業時の風景や近在風景の白黒写真を入れると、歴史時間としての古さを醸し出すことができます。
自分史の場合も同様です。生まれた頃の人物写真だけでなく、風景と一体となった写真などは効果的でしょう。友人が一緒に映っている写真も良いですね。

会社近在の同じ場所を、4~5枚の時代の異なる写真で紹介するのも良いですよ。
時間的にどのように移り変わってきたのかが分かると、面白いと思います。
そうしたアクセントを章末に入れて、読者を楽しませる工夫もしましょう。
なにしろ、読んでくれている人が楽しくなれるように作る、それが大事です。
そして最後に、「ああ楽しかった」と思ってくれること、それが作り手側の満足につながるのです。
読む人も作成する人も、みんな満足できる小冊子。そんな小冊子を作成してみませんか。

ちなみに、自費出版のような作りの社史や自分史を、漫画で作成することも可能です。小冊子のような作りを発展させれば問題ありません。
しかし、ページ単価が高くなるのでお薦めはしません。ただし、豪華に作って多くの人に読んでもらいたいというのであれば、漫画版の社史や自分史は面白いと思います。
草野産業の社史/漫画小冊子  草野産業の社史/漫画小冊子

漫画家歴35年で単行本を100冊以上出版する代表が漫画制作の責任者です! 

漫画制作付属情報東京都練馬区大泉町散策ガイド なつかしい漫画情報お役立ち情報よくある質問SiteMap お問い合わせ
ロゴ 漫画制作のとんぼスタジオ プライバシーポリシーについて 著作権について とんぼBOOKS 漫画制作、イラスト制作の制作費
All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。