漫画制作に関するよくある質問

漫画制作のとんぼスタジオ
 温かい心のお手伝い/イラスト
漫画制作のとんぼスタジオ 漫画制作の流れ とんぼスタジオの漫画制作について  漫画制作とイラスト制作の費用について  特定商取引法に基づく表記 Mail
漫画制作とイラスト制作の実績見本
漫画制作/マンガでわかる礼文町の歴史
社史漫画制作
郷土史漫画制作
無料の電子コミック/漫画制作事務所
自分史漫画制作
企業マンガの制作
イベント漫画制作
漫画単行本の制作
マンガやイラスト、似顔絵制作の商品説明
無料の見本制作お申し込み
 電子書籍
卓球マンガ「きらめく星座」
楽しい歴史マンガ/電子コミック
電子Comic/建築マンガ「笑う門には福来たる」
ギンヤンマのブログ
漫画制作
とんぼBOOKS
北斎漫画について
日本漫画の歴史
感謝状漫画ハガキ/還暦/漫画制作
マンガ制作事務所/とんぼスタジオ
電子コミック制作のサンプル
HOME>よくある質問

社史漫画制作  単行本制作  小冊子制作  自分史制作  郷土史制作  電子コミック制作
その他の漫画制作  イラスト制作  似顔絵制作  イベント漫画制作 主な制作実績

よくある漫画制作に関する質問:Q

  制作費の内訳を教えてくれませんか?
制作期間をもっと早くできませんか?
予算が少なくてもご依頼できますか?
漫画制作の期間はどの程度ですか?
一度商品を見に来ていただくことは可能ですか?
社内で検討するため漫画のラフを描いてもらえませんか?
社内風景や商品を、漫画の中に写真で紹介することはできますか?
作品の見本を見て作家さんを決めることはできますか?
何人くらいで漫画を制作しているのですか?
ストーリー作成だけお願いしたいのですが、できますか?
雑誌で活躍している有名な漫画家を使ってもらえますか?
途中で制作を中止すると料金はどうなりますか?
漫画化できない話はありますか?
シナリオが社内にあるので漫画制作だけご依頼できますか?
漫画化する場合の適正なページ数を教えてくれませんか?
漫画活用の効果について
よくある質問に対する答え:A
Q:制作費の内訳を教えてくれませんか?
A:漫画制作には、大勢のスタッフが関わってきます。
たとえば、取材をしてシナリオを作成する人、そのシナリオから絵コンテを描く人、絵コンテからキャラクターを作る人、さらに漫画を描く人、文字を作成する人、さらにデザイナー、編集者、ディレクターなどです。
制作費は、そうした制作に関わる人たちに支払われるギャランティーを合算した料金です。
内訳には「1色1ページの漫画制作費/20,000円」にはシナリオ制作費等がすべて含まれており、実際の漫画制作費は約13,000円(シナリオ制作費500円、DTP制作費500円、編集・デザイン費2000円、制作管理費4000円)です。
漫画の制作費詳細はこちら→漫画の制作費

Q:制作期間をもっと早くできませんか?
A:通常のストーリー漫画(24ページ)の実働制作期間は、30日が目安です。
これに、打ち合わせにかかる日数や、作成したシナリオと下絵等の確認やチェックバックに要する日数を加え、およそ50日前後かかります。
この制作期間を短縮するには、制作に関わる漫画家やシナリオライター、デザイナー、DTPさん、ディレクターなどのスケジュールを調整することになります。
つまり、他の仕事に優先してこちらの原稿を作成することになります。
そうした過密スケジュールを調整しての日数短縮制作については、3割増しの料金(期間短縮特急料金)でお引き受けしております。
ちなみに、特急料金での期間短縮は以下の通りです。
  50日かかる日数なら35日で完成!
  40日かかる日数なら28日で完成!
  30日かかる日数なら21日で完成!

Q:予算が少なくてもご依頼できますか?
A:できるだけ予算内でできるように工夫いたします。
お問い合わせいただければ、その際に詳しいご相談に応じることができます。
たとえば、登場人物の人数を減らし、伝えたい要点を絞ってストーリーを展開します。それだけでも、数ページを減らせますし、予算を少なくすることができます。
登場人物が多ければ多いほど、描くコマ数が増えますから、その分だけページ数が多くなるわけです。
また、伝えたい要点を限定し、情報提供を減らすことでもページ数を減らせます。絶対に必要な情報だけを網羅するわけです。
さらに、1ページに描くコマ数を減らすことで、漫画制作の時間を短縮し予算を少なくすることが可能です。
つまり、原稿作成のための作家の負担を軽減することで、原稿料を低くおさえるわけです。
あるいは、製品や社屋の写真、さらには図版等の資料をたくさん使わせていただくことで、制作を簡略化することができます。
つまり、原稿作成の負担を軽くすることで、制作料金をお安くさせていただくということです。
低予算の方法はまだまだありますので、ご相談いただければ、そうした内容を詳しくご説明いたします。

Q:漫画制作の期間はどの程度ですか?
A:制作期間につては、「制作付属情報」より「とんぼスタジオ/広告漫画の制作日数」をご覧下さい。
たとえば、24ページの漫画を作成するのに、チェックバック等の日数を加えておよそ50日前後かかります。
ちなみに、この制作日数は、お客様からご依頼を受けてから漫画原稿が完成し、さらにデータをCD等に焼き込むまでに要する日数です。
小冊子の印刷までをご希望なら、刷り部数にもよりますが、印刷に要する日数がさらに1〜2週間程度かかることになります。
また、作家さんを指名された場合ですと、その作家さんのスケジュールによっては、さらに制作日数がかかることもあります。

Q:一度商品を見に来ていただくことは可能ですか?
A:可能です。
まず、お電話やメール等でお問い合わせをいただくと、簡単なヒアリングを行います。
そして、その
内容をもとに、後日、さっそくスタッフ会議で作品全体の構成案を作成します。
その構成案をお客様にご提示し、お見積もりが可能な段階になりましたら、だいたいの制作費と制作スケジュールをお客様にお知らせいたします。

その後、発注書をご送付しご発注となります。
このご発注の受領をもって正式な発注とさせていただいております。
そして、着手金をお振り込みいただきます。

つまり、着手金のお振り込みをご確認後に御社に赴きます。そして、商品を拝見させていただきながら、漫画の内容やスケジュール等についてご相談することになります。
ちなみに、
着手金や中間金の額については、お客様と申し合わせの上で決めさせていただいております。
通常は、着手金が制作費の30%、中間金が制作費の30%(ラフが完成した時点のお支払い)、制作完成後に残金40%のお支払いとさせていただいております。

Q:社内で検討するため漫画のラフを描いてもらえませんか?
A:シナリオにそって漫画を描きますから、シナリオ作成は不可欠です。また、ラフ(絵コンテ)を描くにもシナリオが必要です。
したがって、検討のためのラフであっても、まず初めにシナリオを作成することになります。
シナリオ作成は大変な作業です。
つまり、漫画のラフスケッチ作成とシナリオ作成はセットだということです。
とんぼスタジオでは、プレ前用のラフスケッチとして、「とんぼスタジオ/プレ前スケッチ」をご提供しております。
社内検討用やプレ前用にご活用下さい。
  「とんぼスタジオ/プレ前スケッチ」の詳細はこちらをクリック→制作付属情報

Q:社内風景や商品を、漫画の中に写真で紹介することはできますか?
A:できます。
漫画の中に写真を効果的に入れる手法は良いと思います。
ただし、写真を多く入れすぎるのは考えものです。24ページくらいの漫画で3〜4点、多くても6〜7点くらいでしょうか。
商品を写真で紹介するのは、広告マンガとして有効です。
また、表一や表四に写真を活用するのも効果的です。
あるいは、写真を漫画用の原稿に加工して使うことも効果的です。
このように、写真や図版を多く使えるという点は、商業雑誌と広告漫画の違いです。
たとえば、商業誌では写真を背景画として描いて使いますが、広告漫画では、むしろ写真を使った方がリアリティが出て良いともいえます。
ただし、扱い方に気を付けないと、手を抜いた小冊子に見えてしまいますので、そこはプロにお任せください。
効果的な処理を心得ておりますので。
ちなみに、写真提供される場合には、できるだけ枚数を多く、かつ解像度の高い写真をご提供下さい。
写りが悪かったり、被写体の性質を正しく伝えていない写真は使うことができません。
一応、通常の写真であれば問題ありません。

Q:作品の見本を見て作家さんを決めることはできますか?
A:できます。
ただし、作家さんのスケジュールとのご相談となりますので、場合によってはお待ちいただくことになるかもしれません。
ただ、とんぼスタジオでは常にお客様のご希望に添った漫画家さんをご紹介しておりますので、作家さんは間違いなく高水準のプロ仕様の作品に仕上げてくれます。ご安心下さい。

絵のサンプルは、事前にお客様にご提示いたしております。

Q:何人くらいで漫画を制作しているのですか?
A:とんぼスタジオでは、通常、出版社さんとまったく同じ作業行程で制作しています。
たとえば、某雑誌社では、原作者がいてシナリオを作成します。そして、取材を行い、キャラクターを想定して物語を作成していきます。作成したシナリオから漫画家さんがキャラクターを作り、絵コンテを描き、原稿を作成していきます。
とんぼスタジオも、まったく同じ行程で制作していきます。
そして、出版社さんが行っているように、とんぼスタジオでも、キャラクター作りや絵コンテを分業にする場合もありますし、漫画を担当する作家さんが描く場合もあります。
また、出版社さんでは担当の編集者がいて、漫画家が原稿を描くときのアドバイスも行います。また、アシスタントの手配や、資料集めに奔走することもあります。雑誌にはそうした漫画がたくさん載っていますが、それぞれに担当の編集者がいます。そして、全体を取り仕切っているのが編集長ということになります。
とんぼスタジオでは、こうした担当編集者や編集長の仕事をディレクターが行っており、こうした仕事をディレクションといいます。
ディレクターは、質の高い作品を継続して作っていくのに、どうしても必要な存在です。
また、漫画の作成が進行しているときに、同時進行でDTPオペレーターがふきだしなどの文字を作成していきます。さらに、デザイナーが表紙のデザインや表四などのデザインを行っていきます。
そして、完成した原稿に文字をのせ、表紙をのせて完成です。
このように、漫画を描くのは漫画家さんですが、大勢の人の力を結集して作品が完成していきます。
およそ、6〜7人くらいのスタッフで漫画制作していくことになるでしょう。
背景が多いときには、10名くらいで制作することもあります。

Q:ストーリー作成だけお願いしたいのですが、できますか?
A:できます。つまり、シナリオだけを作成するということですね。
シナリオライターが担当して、お客様のご要望・ご依頼にお応えするシナリオを作成します。
ただし、料金は、書く内容と物語性によって差が生じてきますので、その都度お見積もりさせていただきます。
たとえば、オーソドックスなストーリーもあれば、人間性が複雑に絡み合ったような内容の濃いストーリーもあります。あるいは、専門的な分野を扱う場合もあります。
内容によって料金が異なってくるということをご承知おきください。
ただし、それほど大きな差はありません。

Q:雑誌で活躍している有名な漫画家を使ってもらえますか?
A:雑誌などで活躍されている漫画家さんは、執筆中の雑誌社とのつながりから、起用することはほとんどできないでしょう。
たとえば、こちらからオファーすると、漫画家さんは連載中の出版社さんに連絡します。雑誌社の編集者は、おそらくその漫画家さんに、「その仕事を受けるなら連載を終了して欲しい」と言うでしょう。
多分そうです。私の経験からしてそうだと思います。
つまり、雑誌の連載を打ち切ってまで、こちらの仕事を引き受けてくれる漫画家はいないということです。
万に一つ引き受けてくれたとしても、高額の原稿料を支払うことになるでしょう。
また、とんぼスタジオの漫画家たちも、現役のプロの漫画家たちです。
作品のレベルは、プロですから、有名すぎる漫画家に高額なギャラを支払わなくても、間違いなくプロ仕様の作品に仕上げてくれますのでご安心下さい。
ただし、どうしても有名作家さんをご指名でしたら、とんぼスタジオが交渉いたしますのでおまかせ下さい。

Q:途中で制作を中止すると料金はどうなりますか?
A:とんぼスタジオでは、ご発注の受領をもって正式なご発注とさせていただいており、着手金をお振り込みいただいております。
そして、着手金のご入金を確認いたしましたら、さっそく制作を開始いたします。
通常は、着手金が制作費の30%、中間金が制作費の30%(ラフが完成した時点のお支払い)、制作完成後に残金40%のお支払いとさせていただいております。

したがって、着手金をお振り込み後の制作中止の場合は、この着手金はそれまでの制作費ということで全額頂戴いたします。
また、ラフが完成した時点でお振り込みいただく中間金お振り込み後の制作中の場合は、着手金同様、中間金もそれまでの制作費ということで全額頂戴いたします。
また、完成後の残金をお振り込みいただけない場合は、完成原稿をお渡しすることはできませんので、ご了承下さい。
漫画の制作には大勢のスタッフが関わっており、それぞれの作業に応じて、とんぼスタジオはその方たちに対して支払いが生じてきます。
完成前といっても、それまでの仕事に関しては、とんぼスタジオは支払いの義務があり、お客様からお振り込みいただいた着手金や中間金をその支払いに充てることになります。
ご了承下さい。

Q:漫画化できない話はありますか?
A:基本的に、どんな話でも漫画化できます。
とんぼスタジオは、どんな小さな文書でも漫画化できる能力を持っています。プロの漫画家集団ですから。
とはいっても、漫画化するには目的があります。目的からはずれた内容は、漫画化する意味がありませんね。
また、漫画制作の目的がいい加減でもいけません。
もっとも良いのは、熱いメッセージを読者に伝えたいという気持ちです。
その気持ちを、私たちとんぼスタジオが、プロ仕様のレベルで仕上げてみせます。
ご期待下さい。
ただし、社会のルールから逸脱するような内容を漫画化することはできません。
そうした内容に関しましては、とんぼスタジオでお断りすることがありますのでご了承下さい。

Q:シナリオが社内にあるので漫画制作だけご依頼できますか?
A:そのシナリオが、漫画化するのに相応しいのであれば、なんの問題もありません。
もちろん、すでに作成してあるシナリオを使って、私たちが漫画化させていただきます。
ところが、プロのシナリオライターではなく、一般の方が作成されたシナリオですと、おそらくかなりの手直しが必要かと思います。
というのは、「漫画」を熟知した人でないと、漫画用のシナリオを書くことは大変難しい作業なのです。
つまり、「シナリオ」として完成していても、それが漫画の原作として使えるシナリオかどうかとなると別問題です。
したがって、大幅な手直しが必要となる場合には、やはりシナリオライターにそれなりの原稿料を支払わなければなりません。
ただし、その元となる原稿がおありだということで、通常の料金より差し引く形でお見積もりさせていただきます。
つまり、シナリオを作成する際のたたき台があるという考え方です。
広告漫画を制作する目的は、ある程度定まっております。
それは、商品の紹介であったり、社史の漫画化であったり、あいるいは社員教育であったりと、おしなべて企業の利益につながるものです。
当然、読者側もわきまえておりますから、サスペンスや推理物を期待しているわけではありません。
したがって、複雑なシナリオ作りは必要ありません。
ただし、自然な形で材料を提供し、理解していただき、好感を持っていただくことが大前提となります。
簡単なように見えて、実際は企業の利益を担うわけですから、それなりの責任を感じながらのシナリ作りとなります。
私たちは、いかにして宣伝効果を上げ、好感を持てる作品を作り上げるかに努力しております。

Q:漫画化する場合の適正なページ数を教えてくれませんか?
A:24ページを基準に考えらえると良いと思います。
たとえば、24ページの小冊子ですと、5〜7個くらいの情報がご紹介できます。多くて10個まででしょうか。それより多いと読みずらくなりますし、少なすぎると、本のボリュームのわりには内容のない本ということになってしまいます。
つまり、扱う情報が少ないようでしたら16ページくらいにして、多かったら32ページくらいが良いかと思います。ピンポイント情報なら8ページでも良いでしょう。
その場合の基準が24ページの漫画小冊子であるとお考え下さい。
とんぼスタジオでは、皆さんからのご質問・ご相談をお待ちしております。
ご依頼に結びつかない内容でも結構ですので、ぜひご連絡下さい!
(とんぼスタジオ代表・高橋達央)

漫画家歴35年で単行本を100冊以上出版する代表が漫画制作の責任者です!

漫画制作付属情報東京都練馬区大泉町なつかしい漫画情報お役立ち情報よくある質問SiteMap お問い合わせ
漫画制作事務所・ロゴ 漫画制作のとんぼスタジオ プライバシーポリシーについて 著作権について とんぼBOOKS 漫画制作とイラスト制作の費用について
All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。