制作実績  漫画制作費  スマホはこちら
Comics production TEL.03(6760)0230 
漫画制作用語
シノプシス】

 漫画を描いたり完成した漫画を印刷するには、業界で共有される専門用語を理解
 しておくこと必要がある。
 データのキャッチボールや情報の正確な伝達には、必ずと言って良いほど専門用語
 が使われるからである。
 専門用語を詳しく解説するのでお役立て下さい。


 HOME漫画制作用語解説漫画制作用語【さ行】>漫画制作用語【シノプシス】

実績のサンプル1
絵の見本
社史
郷土史
無料の電子コミック「きらめく星座」
無料の電子コミック「花の卓球バトル」
自分史
イベント
単行本
商品説明
ペットの似顔絵
電子書籍
ギンヤンマのブログ
橋達央のプロフィール
とんぼBOOKS/電子書籍
 「あらすじ」のことを「シノプシス」と呼ぶ。
 物語にどのようなエピソードを入れるか、起承転結を考え
 ながら話の大筋を作っていく作業だ。
 そして、このシノプシスを元にして詳細なシナリオを書くので
 ある。

 したがって、このシノプシスの段階で漫画の意図がある程度
 明確になっていないと、面白い漫画は描けないことになる。
 当然、エピソードなども揃っていないとダメである。
 物語はエピソードの連続であり、その繋がりの中に著者の
 メッセージや思い入れが表現される。
 文学において行間を読むと言われるように、漫画でもこうした
 エピソードとエピソードの間に著者の言わんとすることや
 叫びが込められているのである。
 逆に考えれば、こうした表現ができる漫画家は素晴らしい
 作家ということになる。

 ただ、シナリオが面白い漫画を描くための途中の段階である
 ように、「シノプシス」はそのシナリオを作るための前段階
 なのである。
 物語を第3者に問われたときに明確に答えられないと、その
 漫画はストーリーに一貫性が無いと判断される。
 つまり、「シノプシス」がしっかりとできていないと良い漫画
 とは言えないのである。
 そうした客観的な視野「シノプシス」を作ると良い物ができる
 と考える。
電子コミック/北海道礼文町の歴史
単行本「太陽電池」
HOME漫画活用の効果漫画制作について制作の流れSite Map | お問合せ
とんぼスタジオ
All Copyright(C)2010 tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。