制作実績  漫画制作費  スマホはこちら
Comics production  TEL.03(6760)0230
サービス案内 制作流れ 漫画制作 ご依頼準備 事務所 お問合せ

パンフレットに漫画を

 HOMEその他の漫画制作>カタログやパンフレットに漫画を活用
マンガ制作実績のサンプル1
絵の見本
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
社史
郷土史
自分史
企業マンガ
歴史
イベント漫画
単行本
4コマ漫画
ブライダル漫画
商品説明
小冊子の作成
 電子書籍
卓球マンガ/「ピンポンぱん」
卓球マンガ/「きらめく星座」
楽しい歴史/電子コミック
電子Comic/建築「笑う門には福来たる」
ギンヤンマのブログ
とんぼBOOKS/電子コミック
北斎漫画について
日本漫画の歴史
還暦ハガキ
とんぼの電子コミック
マンガで超理解電気回路
マンガで超理解太陽電池
マンガで超簡単 家電製品を修理する
とんぼBOOKS
漫画制作用語
高橋達央のオフィシャルサイト
髙橋達央のプロフィール
企業マンガ/(株)計測技術研究所

パンフレットを
利益につなげるには?

 広告用のカタログやパンフレットの目的は、商品の特長や
 販売方法等を
 分かりやすく紹介することである。
 そして、最終的には販売につなげて営業成績を上げることだ。

●文字が多いとなかなか読んでもらいえない
 ではカタログやパンフレットを、いったいどれだけの方たちが
 読んで理解してくれているのか?
 おそらく手渡した方の10%くらいは読んでくれるとして、
 理解してくれる方はその20%程度でしょうか。
 あまりにも効果なさ過ぎである。

 まず手にとっていただくことが大事で、興味のあるお客様
 以外はまったく読んでくれないと思った方がよい。
 せっかく苦労して作ったパンフレットなのに…。

 まず、文字の多すぎる広告は読んでもらえない。
 たくさんの情報を入れて文字がやたらに多いパンフレットは
 ダメ。
 しかも小さなフォントで読みずらかったら絶対にダメである。

 それではイラストや綺麗は写真を載せれば良いのかというと、
 そうでもない。
 イラストや写真を使うにも工夫が必要で、デザインや紙面の
 構成が非常に重要である。
 もちろん、使うイラストや写真の内容も重要。
 なにしろ、読んでもらわなければ話にならないのだ。

●カタログやパンフレットを読んでもらうための工夫
 では、見ていただくためにどのように制作したらよいのか?
 漫画家のスタンスからご提案させていただく。
 カタログやパンフレットに漫画やイラストを活用するのが一番
 である。
 これがもっとも効果的な方法だ。

 まず漫画は相手の視線をグッと引きつけ、興味をそそる。
 パンフレットを手にした方が関心を示す。
 もうその段階で、ひとつの目的は達成されたようなものだ。

 あとは伝えたい情報を漫画で上手に提供していけば、読者は
 楽しく読んだだけで簡単に内容を理解してしまう。
 漫画は非常に便利なツールである。

●カタログやパンフレットの漫画活用例

 A4サイズの広告の片面を広告漫画として活用すると良い。
 伝えたい内容を1ページの漫画に収めることで、パッと見の
 インパクトと情報提供が狙える。
 片面には、商品の写真やさらに詳細な情報を活字で紹介しても
 良いだろう。

 漫画はあくまでカタログやパンフレットの内容を効果的に
 伝えるためのツールという考え方だが、実はもっとも効果的
 なのはキャッチである。
 手に取った方の視線を一発で掴んでしまう。
 これこそ漫画活用の最大の効力なのだ!
 
 たとえば、ワンポイントで効果的なのが4コマ漫画だ。
 4コマ漫画は、情報提供というよりもキャッチを最優先した
 効果が期待できる。
 ほとんどの方が読んでくれるから「つかみ」という点で大成功
 間違いなし。
 ウィットに富んだ1コマ漫画も効果的といえる。

●商品紹介を漫画で
 漫画でカタログやパンフレットで商品紹介をする場合、まず
 大きな見出しで情報のエキスだけを紹介しておく。
 文字量の少ないキャッチコピーである。

 そして、商品の特徴を楽しい4コマ漫画で紹介する。
 漫画の形は縦長でも良いが、田の字形の4コマ漫画も面白い
 だろう。
 しかし漫画のスタイルは起承転結のある4コマ漫画にこだわる
 必要はない。
 商品の特徴が4つなら、4コマ漫画のようにその特徴を4つの
 イラスト表現で紹介しても良いだろう。

●購入方法について
 購入のための手順は、表などを効果的に使い少ない文字で
 補足する。
 たとえば、漫画仕立てのコマ割り構成でパンフレットを作る。
 そして、表や文字を漫画のキャラクターを使って紹介する。

 情報が多すぎると読んでくれなくなるので、漫画にする
 場合でも活字はできるだけ少なくしたい。
 通常であれば活字の補足にイラストや漫画を使うが、考え方
 としては逆。
 漫画で伝えられない情報を活字で補足するのである。

 4コマ漫画は効果的。
 その商品を使って満足している漫画や、商品が届いて喜んで
 いる漫画などを4コマで入れる。
 つまり4コマ漫画の活用の意図は、商品購入のためではなく、
 誌面全体の雰囲気を作るためでもあるのだ。

●見せ方のアイデア
 4コマ漫画を縦長で使うことに固執せず、全体のデザインを
 考えて、時には横長だったりあるいは田の字型のスタイルでも
 良い。
 紙面の構成を考えながら、効果的に制作することが重要。

 パンフレットの誌面全体を、漫画だけで構成するというのも
 有効である。
見本/アスカオフィス様
「笑う門には福来たる」/電子コミック
新製品をPRする
ご依頼やご質問は
☎ 03-6760-0230
 お問い合わせフォーム
MAIL/takataka1123@office.nethome.ne.jp

漫画家歴35年で単行本を100冊以上出版する代表が責任者だから安心!


HOME漫画の効果漫画の活用広告マンガ練馬区大泉町SiteMap
ロゴ とんぼスタジオ
All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。