制作実績  漫画制作費  スマホはこちら
Comics production TEL.03(6760)0230 
漫画制作用語【増刊】

 漫画を描いたり完成した漫画を印刷するには、業界で共有される専門用語を理解
 しておくこと必要がある。
 データのキャッチボールや情報の正確な伝達には、必ずと言って良いほど専門用語
 が使われるからである。
 専門用語を詳しく解説するのでお役立て下さい。


 HOME漫画制作用語解説漫画制作用語【さ行】>漫画制作用語【増刊】

実績のサンプル1
絵の見本
社史
郷土史
無料の電子コミック「きらめく星座」
無料の電子コミック「花の卓球バトル」
自分史
イベント
単行本
商品説明
ペットの似顔絵
電子書籍
ギンヤンマのブログ
橋達央のプロフィール
とんぼBOOKS/電子書籍
 週刊誌や月刊誌などの雑誌の特別号として、たとえば季節ごと
 に出版するのが「増刊」である。
 雑誌でとりわけ人気のある漫画を選んで特別号を発刊するので
 ある。
 出版社としては大きな利益を生む発刊で、その後に出版する
 単行本の呼び水にもなる。

 よくある増刊号は、メインの漫画を前面に押し出すのは
 当然だが、後ろのページに他の作家の漫画を掲載したりして
 本としてのツカを作るようにしている。
「ツカ」というのは本の厚さのことで、ある程度のページが揃わ
 ないと本として薄っぺらになってしまう。
 それをカバーする意味でも他の作家の漫画は必要なのである。
 メインの漫画家の原稿だけではツカが足りない場合も、やはり
 他の作家の原稿でツカを補うようにする。

 出版社としてはこの増刊号で儲けて、さらに単行本でも儲ける
 ことができるから非常に美味しい企画といえる。

 また、増刊号として独立した発刊もある。
 週刊誌や月刊誌に掲載している漫画家たちが、連載中の
 キャラクターを使って新作を描いたり、あるいは実験的な創作
 に挑戦してみたりと、漫画家の側面が見えて面白い雑誌と
 なる。
電子コミック/北海道礼文町の歴史
単行本「太陽電池」
HOME漫画活用の効果漫画制作について制作の流れSite Map | お問合せ
とんぼスタジオ
All Copyright(C)2010 tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。