制作実績  漫画制作費  スマホはこちら
Comics production  TEL.03(6760)0230
サービス案内 制作流れ 漫画制作 漫画情報 ご依頼準備 事務所 お問合せ
漫画の描き方講座1
背景画のサンプル(光が丘駅前)
(漫画の背景画/東京都練馬区光が丘IMA)

 HOME漫画の描き方講座(1)漫画の描き方講座(2)
    漫画の描き方講座(3)
作品サンプル
実績のサンプル1
完成までの流れ
活用の効果
小冊子の作成について
活用と用途
よくある質問
付属情報
とんぼBOOKS「ボケる人とボケない人」/電子書籍
北斎漫画について
日本漫画の歴史
自分史
イベント
商品紹介
具体的な活用例とアドバイス
Privacy Policy
著作権について
業務提携と制作協力
東京都練馬区大泉町散策ガイド
高橋達央のオフィシャルサイト
たっちゃんのブログ
便利なお役立ち情報
電子コミック
ペットの似顔絵
漫画制作について
漫画制作用語
漫画制作の項目
(1)ストーリー作り(2)キャラクター(3)絵コンテ 
(4)
下描き(5)ペン入れ(6)仕上げ(7)完成
(1)ストーリー作り(漫画制作の第一歩)

 まず、読者に何を言いたいか、何を伝えたいかを明確にする。
 これがはっきりしていないと、ストーリー全体に一本の筋が
 通らない。
 ストーリーに筋が入っていないと、話があっちにいったり
 こっちにきたりと、読んでいて不安になってしまう。
 これではダメ。
 背筋をピンとしていないと人間もだめなように、ストーリー
 作りも同じである。


 次に、平坦な展開はよくない。
 読者がすぐに飽きてしまう。
 読者が読んでくれないと、苦労して描いた漫画も意味がない。

 まぁ、自分で楽しむだけなら良いが、作品を発表してプロに
 なりたいと考えているなら、ストーリー作りは非情に大事な
 作業だと思ってもらいたい。

ストーリーの組み立て方
 漫画家によってはキャラクターさえ動き出せばストーリーは
 自然と展開していく、と考えている人もいる。
 つまり、面白いキャラクターさえ作ってしまえば、あとは
 キャラクターが勝手に動いてくれる、ということだ。
 たしかに、キャラクターの設定は大事だ。
 しかし、キャラクターが作れればストーリーも作れるという
 ものではない。
 やはり、最初の出だし部分では、その切っ掛けとなる発想が
 重要である。
 また、キャラクターが自由に動けるようになっても、構成力が
 ないとまとまりのある作品は制作できない。

 それではストーリーの作り方を説明しよう。

(1)モチーフ(動機)
 ストーリーの発想となるきっかけのことだ。
 たとえば、日常の身の回りで起きたことや見たり聞いたりした
 ことで、これは面白い、あるいはすごいと感じたことが
 あるだろう。
 そうしたことがモチーフとなるのである。

(2)テーマ(主題)
 モチーフに自分独自の意見や方向付けを加えたものがテーマと
 なる。
 ようするに自分が一番伝えたいこと、それがテーマである。
 たとえば、自然エネルギーとして太陽光を利用すべきだ、
 ということがテーマだ。
 しかし、このままではストーリーとはならない。
 そこで、テーマを設定するときにキャラクターとからませて
 みるとよい。

(3)マテリアル(素材)
 テーマを表現するために必要な材料を「マテリアル」といい、 主人公と主人公を取り巻く環境や時代背景などのことである。

(4)ジャンル(形式)
 ギャグ漫画なのかシリアスな漫画を描きたいのか、あるいは
 SF漫画なのか時代劇なのか、はたまた学園漫画なのか、
 という形式の選択が必要。
 漫画のジャンルは広く、さまざまな選択肢がある。
 初めは狭いジャンルのとらわれず、様々な可能性を試して
 みよう。

(5)シノプシス(あらすじ)
 大まかなストーリーのあらすじを「シノプシス」という。
 主人公の前にひとつの事件を用意し、主人公がそれに対して
 どう反応するか、あるいはどう切り抜けるのか、と考えて
 いけば自然とストーリーはできてくる。
 思いついたことをノートにメモしておこう。

(6)プロット(筋書き)
 具体的なストーリーの流れを表したものが「プロット」で
 ある。
 たとえば、冒頭部分をどうするか、どこにヤマ場をもって
 くるのか、起承転結の配分はどうするのかなど、ストーリー
 全体の構成を考える重要な作業である。
 このプロットの段階になって全体のストーリーが見えてくる。
  話のテンポも、この段階で考えておこう。

(7)シナリオ(脚本)
 各場面の情景や登場人物のセリフなど、事細かに書き留めて
 あとは絵だけ、という状態の文字原稿が「シナリオ」だ。
 ちなみに、漫画の原作はこの状態のものをいう。
 ただし、普通の漫画家はキャラクターのスケッチなども
 入れて、見せ場や細かい表現、さらには構図のアイデアなども
 ついでに考えてしまう。
 シナリオは自分が漫画を描くための文字原稿だから、自分が
 わかりやすいように様々な情報を書き加えておくと、いざ
 絵コンテを描く段階になって便利である。
 慣れてくればシノプシスから直接絵コンテを制作してもよい。

(8)絵コンテ(ネーム)
 単に「ラフ」ともいう。
 コマ割りやネームの配置、人物や背景の構図など、大まかな
 アタリを取ったものをいう。
 つまり、これから描く漫画の設計図のようなものだ。
 あとはこの絵コンテに従って原稿を制作すれば良いのである。
 よく、「ネームができる」というが、この段階までの作業が
 完成したという。

 ストーリーを作る基本を紹介しよう。
  起承転結
 ストーリーには起承転結がある。
「起」は物事の始まりで何かが起きて話が展開すること。
「承」は「起」を受けて話が続くこと。
 つまり、「起」で何かが起きてさあ次はどうなるということ。

 この「承」は話を引っ張っていく役目だから、ここで読者に
 先を読まれるか飽きられてしまうと、もう読者はこの先を
 読んではくれない。
 案外この「承」を安易に考えがちだが、それは間違っている。
 非情に大事な役目を担っている。
 たとえばこの後に、「転」「結」と続くわけだが、この「転」
 と「結」は描いていても楽しい場面だから、誰もが力を入れて
 描くところである。
 ところが、その「転」「結」に行く前に読者が読むのを
 止めたら、せっかく力を入れて描いた部分が無駄になって
 しまうのだ。

 つまり、「承」は安易に描いてはいけないということである。

「承」の次が「転」である。

「転」は、ドラマが盛り上がって何かが起こり、話が意外な
 方向へ向かったりすることだ。

 はらはらドキドキがクライマックスを迎え、読者に緊張感を
 与える。
 読者のページめくりが早くなる。
 だから、この「転」で、面倒くさい言葉を並べてゴチャゴチャ
 するのは良くない。
 スピーディに絵で見せることを考えるべきである。

 そして、「結」である。

「結」は結論の結であり結果の結だ。
 話が終わることである。
 あなたが何を言いたかったか、読者に何を伝えたかったかが
 明確になる場面だ。

 そして、読者に共感と感動を与える。

漫画の基本・起承転結
起承転結を壊す
 では、ストーリーはすべて起承転結で成り立っているのかと
 いうと、そうではない。

 むしろ、起承転結が壊れていた方が、物語としては面白かっ
 たりする。

 なぜ起承転結を壊すのか?

 まず起承転結のストーリー作りは安心感があるということだ。
 これは決して悪いことではない。
 ただし、読者が安心して読めるということは、無難だという
 ことである。

 無難ということは、不安が少ないということでもある。
 ところが、不安が多いほど、また不安定なほど読者は先が読め
 なくなる。

 だから面白くなるのだ。
 ただし、面白くするためにストーリーがめちゃめちゃになり、
 何を描きたいのかわからなくなるようではいけない。
 ストーリーには常に一本の筋が通っていることが大事である。


 たとえば、クライマックスの「転」をストーリーの冒頭に
 もってくることがある。

 いきなり面白い場面からスタートするわけだ。
 読者は、「あ!なんだこれは!いったい何が起きたんだ!」
 と思うだろう。

 そう思わせておいて、次にそれまでのいきさつを描いて、
「結」で結ぶのである。

 あるいは、「結」から始まる方法もある。
 まず最初に結論を見せて、その後でそれまでの過程を描いて
 いくわけである。

 ただし、このように起承転結を壊すには、壊す根拠がなくては
 いけない。
 つまり、言いたいこと、描きたいことをよりドラマチックに、
 より効果的に描くという根拠である。
 ただ闇雲に起承転結を壊してはいけない。

漫画の基本・起承転結
プロット作り

 プロットというのは全体の骨組みのようなもので、登場する
 キャラクターを作り、時代背景や舞台を設定する。
 あらすじの一歩手前の作業だと思ってもらいたい。
 ここでできるだけ具体的なイメージを膨らませておくと、
 ネーム作りが楽になる。
 とにかく頭に思い描いたことはすべて書き出しておくとよい。
 たとえば、いきなりクライマックスのシーンを考えてしまう
 とか、主人公の得意技や小道具など、なんでも良いから思い
 描いたことはメモしておこう。
 ちなみに、ストーリーの出来不出来はだいたいがこのプロット
 の作りにかかっている。
 プロットを組み立てるときには以下の3点に留意するとよい。

(1)主人公の行動の流れを明確にする
 主人公がどのような行動をとり、それによってどうなった
 のか、この原因と結果が明確でなければいけない。
 たとえば、ボクシングで世界チャンピオンに挑戦するために、
 主人公がチャンピオン打倒のためにどのような工夫をし、
 またどのような猛練習をしたのかを明確にすること。
 こうした猛練習と工夫の裏付けがなければ、主人公が
 世界チャンピオンに勝つという結果に、読者は納得できない
 わけである。
 つまり、明確な原因を設定しておくことで、試合中に主人公が
 突如超人的な活躍を始めても、読者は納得してついてきて
 くれるのである。

(2)問題を用意する
 目標に向かって動き出した主人公が、何の苦労もなくトントン
 拍子に目標に到達したのでは面白くない。
 漫画の面白さは、出来ないことを可能にするところに面白さが
 あるのだ。
 したがって、主人公には克服するための障害が必要になって
 くる。
 主人公が困難に対峙し苦悩し葛藤するところに、漫画としての
 ドラマが生まれるのである。
 つまり、そのための状況を設定する必要があるわけだ。
 たとえば、主人公と対立するライバルを用意したり、主人公の
 前進を阻む困難な状況を用意したりする。
 しかも、これらの問題は、克服が困難であればあるほど、
 目標を達成したときの喜びが大きい。
 ただし、主人公がいかにしてその難問を乗り越え、解決して
 いくかということが重要。
 解決策がなければどうしようもないのだ。
 主人公が、いきなり超能力を発揮するというのは、あまりにも
 安直すぎる。
 そこで主人公には、前もってそうした問題を乗り越えられる 
 だけの要素を、設定として盛り込んでおく。
 たとえば、素晴らしい運動能力があるとか、親がノーベル賞を
 受賞しているとか。
 あるいは、どこかで聞いたことがあるような設定だが、先祖が
 名探偵だったとかである。
 こうした伏線を、ストーリーの中に盛り込んでおいて、大事な
 ところで活用すればよい。
 ただし、その伏線から主人公が困難を乗り越える方法を、
 読者に簡単に予測されるようではいけない。
 つまり、読者に先を読ませない工夫も必要なのだ。

(3)テーマを効果的に訴える
 読者に最も訴えたいことは何か、これが重要である。
 プロットを組み立てるときの基準は、まさにこの点だ。
 逆に、テーマさえしっかりしていれば、どこのヤマ場をもって
 きて、どの部分を強調すべきかということが、おのずと明確に
 なってくる。
 そして、テーマを紛らすような要素は省略していく。
 たとえば、必要のない登場人物やエピソードなどは、思い
 切って削除してしまう。
 その方が、テーマを効果的に訴えることができる。

新製品をPRする
Top 

単行本を100冊以上出版するプロの漫画家が責任者だから安心!

HOME漫画の効果漫画の活用広告漫画よくある質問SiteMap
とんぼスタジオ
All Copyright (C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。