制作実績  漫画制作費  スマホはこちら
Comics production TEL.03(6760)0230 
漫画制作用語【縮小】

 漫画を描いたり完成した漫画を印刷するには、業界で共有される専門用語を理解
 しておくこと必要がある。
 データのキャッチボールや情報の正確な伝達には、必ずと言って良いほど専門用語
 が使われるからである。
 専門用語を詳しく解説するのでお役立て下さい。


 HOME漫画制作用語解説漫画制作用語【さ行】>漫画制作用語【縮小】

実績のサンプル1
絵の見本
社史
郷土史
無料の電子コミック「きらめく星座」
無料の電子コミック「花の卓球バトル」
自分史
イベント
単行本
商品説明
ペットの似顔絵
電子書籍
ギンヤンマのブログ
橋達央のプロフィール
とんぼBOOKS/電子書籍
 漫画家は原寸の約1.2倍で原稿を制作するから、印刷する
 際にはその拡大した原稿を原寸サイズに縮める必要がある。
 それが「縮小」である。

 ペンで描く漫画の原稿は、よく見ると描いた線がギザキザに
 なっている。
 だからペンで描くということは、実は紙をひっかくようにして
 描いているのである。
 紙の上を滑らかにペンを走らせているように思うだろうが、
 そうではない。
 最近の英語の授業で付けペンでアルファベットを書くという
 ことがあるかどうかわからないが、以前は実際にペンを使って
 書かされたものである。
 なかなか思うように字が書けないものだ。

 つまり、キザギザな線を綺麗に見せるために漫画家は原稿を
 やや大きめに描き、印刷する段階で拡大した分だけ縮小して
 いるのである。
 もちろん、原寸で描いても良いし拡大率を変えても何ら問題は
 ない。
 編集者に伝えておけば良いのである。
 多くの漫画家は1.2倍がほとんどである。
 拡大率が大きすぎると、描いた原稿と印刷された原稿との
 ギャップが大きくなるので、印刷されたイメージがつかみ
 ずらく描きにくくなる。

 縮小すると線も細くなるので、たとえば1.3倍で流線を
 描いて印刷すると、線の末端がかすれていることがよくある。
電子コミック/北海道礼文町の歴史
単行本「太陽電池」
HOME漫画活用の効果漫画制作について制作の流れSite Map | お問合せ
とんぼスタジオ
All Copyright(C)2010 tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。