マンガ制作のとんぼスタジオ
マンガ制作  制作実績   制作費 
漫画制作に関する知識と情報
漫画家という職業
 HOME漫画制作に関する知識と情報>漫画家という職業
 漫画の認知度がさらに高まり皆様のお役に立てれば幸いです。
 漫画は費用対効果の高いツールなので、小冊子や広告等にご活用いただけたら非常に
 嬉しいです。
広告のサンプル1
社史のサンプル
絵の見本
社史
自分史
小冊子の作成
デジタルコミック/楽しい歴史
北斎漫画について
日本漫画の歴史
超理解電気回路
単行本/「太陽電池」
家電製品を修理する
用語の解説
代表のプロフィール
とんぼスタジオとは
■漫画家という職業
 職業として漫画を描くことを生業としている人を「漫画家」と
 呼んでいます。
 基本的に漫画を描くことで生計を立てていますが、他の職業を
 営みながらも継続的に作画によって収入を得ている人であれば
「漫画家」と言えるでしょう。


■漫画家の分類
 漫画には様々な作画形態があるので、その形態によってどの
 ジャンルの漫画家であるかが分類されます。
 以下のように分類されるでしょう。

ストーリー漫画家
 オーソドックスな形態で、物語によって読者に楽しさや感動を
 与える描き方です。短編から長編まであり、スペクタクルで壮大
 なものまであります。少年漫画や少女漫画、青年漫画などが
 あり、さらに劇画やホラーなど様々なジャンルに分かれます。

ギャグ漫画家
 読者に笑いを提供するのが主な目的で、ときには深いメッセージ
 を発してきます。

4コマ漫画家
 4コマ漫画が主なフィールドですが、時には1コマや8コマなど
 も描きます。

1コマ漫画家
 政治風刺や時事ネタを1コマ漫画にして描きます。

 ただし、ストーリー漫画家でもギャグや4コマを描いたり
 します。
 漫画を描くという範疇にあって、基本的にはどのジャンルの漫画
 であっても描くことができるものです。
 ただ、出版社や新聞社などから制作依頼があるのは得意分野が
 多く、自然その分野の作品が多くなるということでしょうか。


■プロになるには
 漫画家になるのに資格は必要ありません。
 要は商業雑誌に漫画を継続的に掲載すれば良いのです。
 では、その第一歩として商業誌に掲載する主な方法をご紹介し
 ます。

新人賞に応募する
 出版社によっては「漫画賞」なるものを設けて新人発掘に努めて
 います。入賞すれば編集者の担当が付き、直接プロの編集者の
 アドバイスを受けながら雑誌にデビューすることができます。
 漫画雑誌には雑誌独自のカラーがあるので、編集者はその雑誌
 カラーに適してアドバイスなり指導を行います。したがって、
 デビューするにはそのアドバイスを受け入れ作画やストーリー
 作りに反映させる必要があります。そして、一定のレベルに到達 したらデビューというわけです。

原稿を持ち込みする
 自分で描いた作品を出版社に持ち込み、編集者に見てもらって
 アドバイスを受ける方法です。郵送でも受け付けてくれることも あります。出版社の中で批評されるのは緊張しますが、それくら
 いの勇気と根性がないとプロとしてやっていけません。時には、
 手の空いている複数の編集者が見てくれることもあり、様々な
 アドバイスを受けることもできます。こうしたアドバイスを
 受け、作品を仕上げてプロデビューすることもできます。

アシスタントからデビューする
 プロの漫画家のアシスタントをしていると漫画家の担当さんと
 親しくなれます。そのうち、担当さんがオリジナルの原稿を見て
 くれたりします。雑誌社の担当編集者も常に新人漫画家を求めて
 いるので、アシスタントに有能な人がいたらプロデビューを持ち
 掛けてくることはよくあることです。仕上げた原稿を見てもらっ
 てアドバイスを受けながら修正加筆を繰り返します。やがて完成
 した原稿を担当者は自社に持ち帰り、編集会議を経て採用されれ
 ばプロデビューとなります。
 

■職業病
 職業柄、長時間座って仕事をするので腰痛になったり、利き腕を
 酷使するので腱鞘炎になったりすることがあります。
 ペンで描く仕事なので利き腕を酷使してしまいます。
 力を入れないでペンが持てればよいのでしょうが、インクや墨汁
 を付けて描くペンはどうしても力は入ってしまいます。
 締め切りに追われると休む間もなく長時間に渡って仕事が続くの
 で、この職業病だけは避けて通れません。
 したがって、普段からできるだけペンを強く握らないように
 心掛けておく必要があります。
 
「漫画」とは
 漫画の原稿料
 漫画家のアシスタント
 漫画原稿持ち込み
 漫画家が使う1円玉
 漫画家という職業
 漫画家はよく手を洗う
 彩色は2本の筆で
 漫画とアニメについて
 広告マンガについて
 ペン軸を短くする
  お役立ち情報
制作ご依頼や質問は
 ☎ 03-6760-0230
 takataka1123@office.nethome.ne.jp
お問合せ
漫画制作制作の流れサービス案内漫画の効果漫画の活用広告マンガお問合せ
制作費 電子コミック事務Blog制作の実績とんぼBOOKSSiteMap

マンガ情報  ●プライバシーポリシー  ●練馬区大泉町  ●漫画サンプル

とんぼスタジオのロゴ
   とんぼスタジオ 
     〒178-0062東京都練馬区大泉町1-15-7 tel/03-6760-0230
  
          takataka1123@office.nethome.ne.jp

All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。