マンガ制作のとんぼスタジオ
マンガ制作  制作実績   制作費   
漫画制作に関する知識と情報
彩色は2本の筆で
HOME漫画制作に関する知識と情報>彩色は2本の筆で
 漫画の認知度がさらに高まり皆様のお役に立てれば幸いです。
 漫画は費用対効果の高いツールなので、小冊子や広告等にご活用いただけたら非常に
 嬉しいです。
広告のサンプル1
社史のサンプル
絵の見本
社史
自分史
小冊子の作成
デジタルコミック/楽しい歴史
北斎漫画について
日本漫画の歴史
超理解電気回路
単行本/「太陽電池」
家電製品を修理する
用語の解説
代表のプロフィール
とんぼスタジオとは
■彩色は2本の筆で
 漫画の彩色は、通常は不透明水彩絵の具を使います。
 多くの漫画家は、この不透明水彩絵の具を毛筆用の筆で着色して
 います。
 塗り方は学校の美術の時間に絵を描いていたときと同じで、絵の
 具を水で溶き、筆に付けて描きます。

 描き方に特別な方法があるわけではないのですが、漫画を描く
 際によく使われる手法があります。
 それは「ぼかし」の手法です。

■「ぼかし」とは
「ぼかし」というのは着色した端の濃淡を変えて、ときには
「色ゼロ」の状態にすることです。
 グラデーションだと思ってください。
「ぼかし」の描き方は様々ありますが、漫画家の多くは2本の筆で
 濃淡をつけていきます。
 1本の筆に絵の具を付け、もう1本の筆にはわずかに水を含ませ
 ておきます。
 たとえば、赤をぼかそうと思ったら、まず1本の筆に赤の絵の具
 をのせます。
 そして、もう1本の筆はわずかに水を含ませただけの状態にして
 おきます。
 そして、赤絵の具をのせた筆で色をのせ、ぼかしたい色の端に
 他方の筆を付けて色を伸ばしていきます。
 これで「ぼかし」ができます。

 何度も練習して「ぼかし」のテクニックを身に着けてください。
 学校での絵画はほとんど色のベタ塗りですが、漫画を描く際には
 この「ぼかし」ができないと重い雰囲気の絵になってしまい
 ます。
 陰影を表現する際には不可欠なテクニックです。

■「ぼかし」のポイント
 水を含む筆に水分が多すぎると色が流れて綺麗に描けません。
 タオルなどを用意して、筆の水分を調整するようにすると良いで
 しょう。
 水分が多すぎると思ったら、タオルで少し水分を取るように
 します。
 また、もう一方の筆でぼかす際には、素早く行わないと色が乾い
 てしまいぼかすことができなくなります。
 あらかじめどこをぼかすかを決めておいてから「ぼかし」を行う
 ようにします。

■筆洗は2個用意する
 筆洗は着色用と「ぼかし」用の2個用意します。
 くれぐれも同じ筆洗で着色とぼかしを共用しないようにして
 下さい。
 ぼかしの際に色がついてしまうので綺麗な色のぼかしができなく
 なってしまいます。
 何度も使っていると水が汚れてきますので、汚れたら新しい水と
 交換するようにしましょう。
 
「漫画」とは
 漫画の原稿料
 漫画家のアシスタント
 漫画原稿持ち込み
 漫画家が使う1円玉
 漫画家という職業
 漫画家はよく手を洗う
 彩色は2本の筆で
 漫画とアニメについて
 広告マンガについて
 ペン軸を短くする
  お役立ち情報
制作ご依頼や質問は
 ☎ 03-6760-0230
takataka1123@office.nethome.ne.jp
お問合せ
漫画制作制作の流れサービス案内漫画の効果漫画の活用広告マンガお問合せ
制作費 電子コミック事務Blog制作の実績とんぼBOOKSSiteMap

マンガ情報  ●プライバシーポリシー  ●練馬区大泉町  ●漫画サンプル

とんぼスタジオのロゴ
   とんぼスタジオ 
     〒178-0062東京都練馬区大泉町1-15-7 tel/03-6760-0230
  
          takataka1123@office.nethome.ne.jp

All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。